ここからサイトの主なメニューです

新しい学習指導要領の先行実施に当たって (文部科学大臣からのメッセージ)

平成21年4月1日
教育

キーワード

学習指導要領

いよいよ本日から全国の小学校・中学校において、新しい学習指導要領の一部が先行実施されます。また、幼稚園の新教育要領が全面実施されるとともに、特別支援学校の新学習指導要領等についても幼稚園、小・中学校に準じて実施されます。

新しい学習指導要領では、教育基本法の改正等を踏まえ、子どもたちに「生きる力」をはぐくむことを目指し、言語活動、算数・数学や理科教育、道徳教育、体験活動、外国語教育などの充実を図りました。

4月からの先行実施では、算数・数学、理科は、授業時数を増やして新しい内容も充実します。また、多くの小学校では、5・6年生で新たに外国語活動に取り組むこととなります。

このため、文部科学省としては、これまでも、教職員定数の改善や非常勤の教師の増員、算数・数学や理科の補助教材や小学校英語ノート、心のノートの作成・配布などの条件整備を進めてきました。平成21年度も、新学習指導要領の趣旨の周知・徹底を引き続き行うとともに、省を挙げてその円滑な実施のために必要な条件整備に努めていくこととしています。

4月からの先行実施に当たり、関係者に改めてお願いしたいことがあります。
学校の先生方には、新学習指導要領が目指す確かな学力、豊かな心、健やかな体の育成に努めていただきたい。
各教育委員会においては、新学習指導要領の実施のために、各学校現場への趣旨の周知・徹底や支援に取り組んでいただきたい。
さらに、各御家庭でも、学校の教育がどのように変わるのか知っていただき、子どもたちに「早寝早起き朝ごはん」などの基本的な生活習慣や学習習慣を身に付けさせることなどをお願いしたい。
こうした取組を通じて、子どもたちには、私もかねてお願いしていますように、「読み書きそろばん・外遊び」をはじめ、何事にも好奇心を持って意欲的に取り組むように育って欲しいと考えています。

新しい学習指導要領の実施に当たり、様々な課題が生じた場合には、文部科学省は、教育委員会等と十分に連携してその解決に努めるなど、今後とも学校現場や国民の視点から必要な支援を行ってまいります。
次代の日本を担う子どもたちのために、国民各位の御理解と御協力をお願い申し上げます。

平成21年4月1日
文部科学大臣 塩谷 立

「新しい学習指導要領」ホームページ(※「新しい学習指導要領」のページへリンク)

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程企画室

電話番号:03-5253-4111(内線2368)
ファクシミリ番号:03-6734-3734

-- 登録:平成21年以前 --