ここからサイトの主なメニューです

平成30年度「次世代領域研究開発」(高性能汎用計算機高度利用事業費補助金)申請課題の選定結果について

平成30年9月28日

文部科学省では、平成30年度「次世代領域研究開発」(高性能汎用計算機高度利用事業費補助金)について公募を実施し、採択課題及び補助対象機関を決定しましたので、お知らせいたします。

1.事業の概要

スーパーコンピュータ「京」を中核とする革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI;High Performance Computing Infrastructure)ひいては計算科学・計算機科学の今後の発展を見据えつつ、計算科学とデータ科学との融合領域の研究による先導的な成果の創出や新規ユーザの開拓・拡大が見込まれるアプリケーション等の開発を実施するとともに、新たなアーキテクチャを有するシステムの特性を最大限活用する計算を行います。

2.選定までの経緯等

(1)申請期間:平成30年5月11日(金曜日)から7月11日(水曜日)10時00分

(2)公募要領:文部科学省ホームページ等に掲載

(3)申請課題数:10件

(4)審査の方法:外部有識者から構成される審査会の審査結果を踏まえ、採択課題を選定しました。

3. 選定結果 

採択課題

代表機関

研究開発課題責任者

量子コンピュータ統合型次世代スーパーコンピュータの開発

東北大学

小林 広明(大学院情報科学研究科 教授)


※文部科学省幹部職員の事案等に関する調査・検証チームによる「公募型事業の選定プロセスに関する調査について(第1次報告)」において、本プログラムは、「特定の者の恣意的な意向が反映されない制度や運用となっているかの観点から、特段問題となる事例は確認されなかった」との評価を受けております。本年度公募においては、より幅広い方からの申請が可能となるよう、昨年度の公募期間が3週間強であったところ、3倍程度の2か月としております。来年度以降も、本プログラムにおいて新規公募を行う際には、より適切な運営を行ってまいります。

お問合せ先

研究振興局参事官(情報担当)付計算科学技術推進室

電話番号:03-6734-4275
メールアドレス:hpci-con@mext.go.jp

(研究振興局参事官(情報担当)付計算科学技術推進室)

-- 登録:平成30年09月 --