ここからサイトの主なメニューです

平成30年度科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」の公募結果について

平成30年10月9日

 科学技術人材育成費補助事業のうち、「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」について、平成30年度の新規取組機関を選定しましたのでお知らせいたします。

1.事業概要

 本事業は、研究環境のダイバーシティを高め、優れた研究成果の創出につなげるため、各機関・地域の特色を踏まえた、女性研究者の活躍推進に加え、女性研究者を含む若手研究者の育成・確保をはじめ総合的なキャリアマネジメントに向けた機関としての目標・行動計画を設定・公表することを要件とし、女性研究者のライフイベント及びワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の整備や女性研究者の研究力向上のための取組、女性研究者の積極採用や研究中断、あるいは離職した女性研究者の復帰・復職支援及び女性研究者の上位職への積極登用に向けた取組等を支援するものです。
 平成30年度においては、以下の取組について補助金による支援をします。

  • 「牽引型」:大学や研究機関が企業等と連携し、連携する各機関はもとより、その他の機関を含めた地域や分野における女性研究者の活躍促進を牽引する取組

  • 「先端型」:大学や研究機関における単一の機関内での部局横断的な取組である従前の「特色型」での取組は自主的に行われていることを前提として、さらに高い目標を掲げ、女性研究者の海外派遣や当該者の帰国後の活躍促進を踏まえたより広いダイバーシティ研究環境を形成する取組

  • 「全国ネットワーク中核機関(群)」:本事業の採択機関に加え、全国で女性研究者を取り巻く研究環境整備や研究力向上に取組む機関をつなぎ、将来的に自立して活動を行う全国ネットワークの構築を目指し、国内外の取組動向の調査やその経験、知見の全国的な普及・展開等の支援を図る取組

 特に、「全国ネットワーク中核機関(群)」については、全国の大学や研究機関における優れた知見の普及・展開を図るとともに、全国の研究機関が広く参画し、将来的には女性研究者の活躍促進に向けた自立的な取組に発展することが期待されます。

2.公募期間及び申請件数

平成30年3月1日(木曜日)から同年4月23日(月曜日)までの間、公募を行った結果、牽引型6件、先端型6件、全国ネットワーク中核機関(群)2件の申請書の提出を受け付けました。

3.選定方法

本事業の業務委託先である国立研究開発法人科学技術振興機構において、有識者等によって構成される「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ委員会」を設置し、審査を行い、同委員会の審査結果を踏まえ、文部科学省において、選定する機関を決定しました。

4.選定件数 

○牽引型                   2件
○先端型                   3件
○全国ネットワーク中核機関(群) 1件
(詳しくは別紙をご覧ください)

お問合せ先

科学技術・学術政策局 人材政策課 人材政策推進室

電話番号:03-6734-4021
メールアドレス:kiban@mext.go.jp

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局 人材政策課 人材政策推進室)

-- 登録:平成30年10月 --