ここからサイトの主なメニューです

「研究拠点形成費等補助金(審査・評価等経費)卓越大学院プログラム事業の審査・評価等業務」に関する企画公募について

2018年1月

1. 事業の目的

 「卓越大学院プログラム事業」(以下「プログラム」と言う。)は、各大学が自身の強みを核に、海外トップ大学や民間企業等の外部機関と組織的な連携を図り、世界最高水準の教育・研究力を結集した5年一貫の博士課程学位プログラムを構築し、高度な「知のプロフェッショナル」すなわち、あらゆるセクターを牽引する博士人材を育成するとともに、持続的に人材育成・交流及び新たな共同研究が持続的に展開される拠点を創出することで、我が国の大学院全体の改革を推進することを目的としている。 本プログラムの実施にあたり、国公私立大学を通じ、公平・公正な観点から競争的に採択し、また、効果的に実施していくため、本プログラム補助期間終了年度末まで、その実施に必要な選定業務、評価業務及び管理業務を実施する機関への補助を行う。

2. 事業概要

(1)事業の対象

  1 営利を目的とせず、公共性の高い事務事業を行う公益法人又は独立行政法人を対象とする。
  2 予算決算及び会計令第70条の規定に該当しない者であること。
  3 定款、寄附行為、個別法など法人の設置根拠において、当該法人の業務として、国が行う助成に係る審査・評価業務が規定されていること。
  4 事業開始から評価等終了までの間、審査・評価等業務を安定的に遂行できるだけの法人の財務基盤を有し、経営等が良好であること。


(2)業務の内容

 「卓越大学院プログラム事業」に関して、以下のとおり1 選定業務、2 評価業務、3 管理業務及び業務に係る経費執行手続きを行うものとします。なお、文部科学省担当者との協議により業務を追加する場合があります。

1 選定業務
審査方法等の検討、応募書類の整理や選定委員等との連絡調整など、選定に係る事務手続きを行うとともに、選定委員会の設置・運営を行う。 平成30年度は、文部科学省と相談の上、プログラムの選定委員会の設置を速やかに行うとともに、選定に必要となる諸手続きを行い、全ての大学の申請の中から支援すべき優れた取組を選定し、文部科学省へ報告する。なお、平成31年度以降もプログラムの新規採択を行う予算が計上された場合は、公募・選定業務を行う。

2 評価業務
本プログラムに採択する全ての取組の事業進捗状況等について、毎年度フォローアップを実施する。また、4年度目及び7年度目に評価を実施する。このため、評価内容の検討、評価の実施、評価書類の整理や評価委員等との連絡調整など、評価に係る事務手続きを行うとともに、評価委員会(必要に応じ作業部会)の設置・運営を行う。

3 管理業務
本プログラム全体の進捗状況を管理するとともに、プログラムにおける取組内容及び成果の広報・普及発信を行う。


3. 事業期間、事業規模(予算)及び採択数

(1)事業期間:平成30年4月1日から本プログラム補助期間終了年度末まで(ただし、平成30年度の予算成立を前提とします。)
(2)事業規模:100,120千円以内(初年度、年間)
(3)採択数:1件


4. スケジュール

企画書提出期間:平成30年1月29日(月曜日)~2月19日(月曜日)正午必着

審査:平成30年2月下旬

結果通知:平成30年3月上旬

事業開始:平成30年4月1日


5. 公募要領、企画書等 

以下よりダウンロードしてください。

お問合せ先

文部科学省高等教育局大学振興課

大学改革推進室大学院係 渡邉、盛田、木村

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

Word Viewer 2003のダウンロード(外部サイト)

Word形式のファイルを御覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。
Microsoft Wordをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(大学振興課 大学改革推進室 大学院係)

-- 登録:平成30年01月 --