ここからサイトの主なメニューです

平成28年度地球環境情報プラットフォーム構築推進プログラムの公募について

平成28年3月1日

文部科学省では、このたび平成28年度「地球環境情報プラットフォーム構築推進プログラム」を下記のとおり公募開始しましたのでお知らせします。

1.事業の概要

本事業は、気候変動適応・緩和等の社会課題の解決に貢献するアプリケーションとして、日本全国の河川の流量やダムの水位をリアルタイムで予測することが可能となるようなアプリケーション(以下「水課題アプリケーション」という。)の開発を行います。
また、気候変動適応・緩和等の社会課題の解決に貢献するアプリケーションをデータ統合・解析システム(DIAS)を通じた公開を行うことで、多くのユーザーが当該アプリケーションを利用できるようにするとともに、これらのアプリケーションを基にした二次的なアプリケーション等が、ユーザーにより自発的に開発され、DIASを通じて公開できるようなプラットフォーム(以下、地球環境情報プラットフォーム」という。)の構築を行います。本事業の実施に当たり、平成28年度は、以下の機関を募集します。

(1)水課題アプリケーション開発機関

水防災課題や水力発電の高効率化等に貢献するため、これまでのDIASの成果を活用するとともに、平成27年度から新たにDIASからの情報配信が開始されたひまわり8号やXバンドMPレーダ雨量観測(XRAIN)等のリアルタイムデータを利用し、日本全国の河川の流量やダムの水位をリアルタイムで予測することが可能なアプリケーションの開発を行う機関として、水課題アプリケーション開発機関を募集します。

(2)地球環境情報プラットフォーム構築機関

上記の水課題アプリケーションをはじめとした、気候変動適応・緩和等の社会課題の解決に貢献するアプリケーションをDIASに実装し、DIASを通じて公開していくとともに、これらのアプリケーションを基にした二次的なアプリケーション等がユーザーにより自発的に開発され、DIASを通じて公開できるような地球環境情報プラットフォームの構築を行う機関として地球環境情報プラットフォーム構築機関を募集します。
なお、本機関は、本プラットフォームが長期的・安定的に利用されるよう、気候変動適応・緩和等の社会課題の解決に貢献するアプリケーションの利用状況等を考慮した上で、国費のみによらない持続可能なプラットフォームの運営体制の構築も目指してもらいます。

2.事業規模、実施期間及び採択数

(1)事業規模

原則として、一機関あたり、以下のとおりとします。
・水課題アプリケーション開発機関の規模は、6千万円程度
・地球環境情報プラットフォーム構築機関の規模は、3億円程度
ただし、各年度における予算の状況によっては、減額することがございますので、あらかじめ御了承ください。

(2)実施期間

原則として、平成32年度末までの5か年とします。ただし、事業の進捗状況や実施期間が3年目を迎えた時点での中間評価の結果等を踏まえ、本事業で行われる研究の一部又は全部を事業実施期間中に終了することがあります。

(3)採択数

原則として、各機関については1機関の採択を予定しております。

3.スケジュール

公募開始から事業開始までのスケジュールとしては概ね以下のように予定しております。

・募集受付 平成28年2月29日 月曜日~3月23日 水曜日 17時(厳守)
・書面審査 平成28年3月下旬
・ヒアリング審査 平成28年3月下旬
・採択、採択通知又は不採択通知 平成28年4月初旬
・契約締結/交付決定 平成28年5月中

詳しくは以下の公募要領を御覧ください。

お問合せ先

研究開発局環境エネルギー課

直井、齊藤、林
電話番号:03-5253-4111(内線4477、4473、4159)
ファクシミリ番号:03-6734-4159
メールアドレス:kankyou@mext.go.jp

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

Word Viewer 2003のダウンロード(外部サイト)

Word形式のファイルを御覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。
Microsoft Wordをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(研究開発局環境エネルギー課)

-- 登録:平成28年03月 --