ここからサイトの主なメニューです

ノーベル化学賞に吉野彰氏(旭化成・名誉フェロー)
萩生田大臣が電話で御祝いメッセージ

10月9日(水曜日)
科学技術・学術

2019年ノーベル化学賞 吉野彰氏(旭化成・名誉フェロー)の受賞が決定しました

「ノーベル化学賞を受賞された吉野彰氏(旭化成株式会社・名誉フェロー)」(提供:旭化成株式会社)

10月9日、ノーベル化学賞にリチウムイオン電池を開発された、吉野彰氏(旭化成株式会社・名誉フェロー)が受賞されたことが発表されました。

軽くて再充電できるリチウムイオン電池はスマートフォンやノートパソコンなど私たちの身近な電子機器にも欠かせないものとして使用されている他、太陽光発電や風力発電などの蓄電池としての活用が進み、化石燃料を使わない自然エネルギーの普及に関しても大きな役割が期待されています。

無断転載を禁じます。

受賞の発表を受け、萩生田大臣は吉野さんに電話でお祝いの言葉を伝え、
「この度はノーベル賞受賞、誠におめでとうございます。先生のリチウムイオン電池の研究、長い間のご苦労が実って今日の日を迎えられたのだと思います。(日本の)研究の水準の高さを国内外に示されたことを大変誇りに思っております」
と話しました。
 また、電話の後、記者団に対し、
「リチウムイオン電池は生活の中に溶け込んで、皆さんの暮らしを前進させてきた大きな研究だと思います。(学校での)ICT環境を整えようという矢先にこういうニュースが入ってきたので、日本発の研究によってタブレットが小型化されたり、ノート型パソコンが出てきたりしたわけですから、その成果を日本の子供たちにも是非享受して欲しいなと思います」
と話しました。

○吉野 彰氏のノーベル化学賞受賞について[文部科学大臣談話]

10月18日には吉野さんが萩生田大臣を表敬訪問されました。

無断転載を禁じます。

吉野さんは、基礎研究について、非常に確率の低い研究だが、無駄になる部分があるからこそ、成功する一つが生まれるので、大事にしていただきたい、今回の受賞が基礎研究の振興につながればうれしいと話されました。
 また、吉野さんは、小学校の時に担任の先生に勧められた本をきっかけに理科を好きになったそうです。
 萩生田大臣は、
「やはり学校の先生との出会いは子供たちの人生をも変えるぐらい大切な職業だと思いました。先生を志す者にとっても、憧れを持ち続けてもらうためにいい話だと思います。」
と話し、吉野さんは、
「大半の人は、小学校の真ん中あたりで将来の方向性につながる刺激を受けるのではないでしょうか。押し付けではなく、"こより"の先でくすぐるような刺激を与えてあげたら、あとは自分で道を見つけていくと思います」
と小学校での出会いの大切さについて話されました。
 また子供たちには、是非、夢や目標を持ってほしいと話され、
「自分のいい芽をもって、それを少しずつ具体的な目標にセッティングし、そうすれば、小学校の時にすべきこと、中学校ですべきことが見えてくると思う」
と述べられました。