ここからサイトの主なメニューです

スポーツ功労者等文部科学大臣顕彰・表彰式

7月23日(火曜日)
スポーツ

7月23日、スポーツ功労者顕彰などの顕彰式、表彰式を開催しました。

これは、世界的規模のスポーツの競技会で優秀な成績を収めた選手及び、その指導者、そして、多年にわたりスポーツ活動を支援している団体、スポーツ審判員に対して、毎年、文部科学大臣より、おくっているものです。
 今年度の受章者は延べ946名で、車いすラグビー日本代表の皆さんやサッカー女子日本代表高倉麻子監督などが出席し、柴山文部科学大臣から代表者に顕彰状及び表彰状が手渡されました。
 挨拶で柴山大臣は、これまでの皆様のたゆまぬ努力に対して心から敬意を表すると述べるとともに、開幕まで1年となった2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会をはじめそれぞれに目標とされる国際大会におけるますますの御活躍に期待を述べました。

また、受章者を代表して挨拶をした池透暢選手(車いすラグビー)は
「この度の顕彰・表彰を励みとしスポーツ界の発展に少しでも貢献できるようさらなる向上を目指して精進してまいりたいと思います」
と述べいよいよ開幕まで1年となった東京オリンピックに向けた思いを語られました。