ここからサイトの主なメニューです

児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検を全国の都道府県教育委員会等に対して通知

2月14日(木曜日)
その他

無断転載を禁じます。

2月14日、千葉県野田市の虐待死事案を受け、児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検を全国の都道府県教育委員会等に対して通知いたしました。

緊急点検は、以下のとおり進めていただく予定です。

【対象施設】
国公私立の幼稚園、保育所、認定こども園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校(第1〜3年生)、高等専修学校等

【対象児童生徒等】
平成31年2月14日現在において、2月1日以降一度も登校していない児童生徒等

【緊急点検の方法】
3月8日(金)までに学校の教職員による面会、教育委員会職員による面会、その他関係機関による面会のいずれかの方法により緊急点検を実施

【報告事項】
面会の有無、市町村・児童相談所・警察に対する面会結果の情報共有の有無等

なお、この学校等における緊急点検とともに、教育委員会における緊急点検として要保護児童としての取扱いを受けた児童生徒等の保護者等から不当な対応を要求された事案に関して対象事案の有無や対応結果、市町村・児童相談所・警察に対する情報共有の有無の点検を実施します。

本緊急点検は、学校において年度末の多忙な時期であることに加え、短期間で家庭訪問などが必要となる調査であるため、学校現場の負担が更に増加することから、緊急点検の依頼とあわせて、文部科学省がこの時期に実施を予定していた調査等について実施時期の変更や提出期限の延長を検討していることなどの業務負担の軽減策を示しました。

柴山大臣は閣議後の会見で、
「教職員のみなさまにはご負担をおかけしますが、子供の安全確保を最優先に考えご協力いただきたい。引き続き、厚生労働省等の関係機関とも連携しつつ、実行ある再発防止策を検討するなどしっかりと取り組んでまいります。」
と話しました。