ここからサイトの主なメニューです

千葉県野田市における小学4年生死亡事案に関するタスクフォース第1回を開催

2月13日(水曜日)
教育

無断転載を禁じます。

2月13日、浮島副大臣を主査、中村大臣政務官を主査代理とし、今般の千葉県野田市の事案の原因の究明と課題の検証、具体的な再発防止策の検討を進めるため、タスクフォース(特別会議)を設置し、第一回を開催しました。

冒頭で浮島副大臣は、二度と起こしてはならないと強調し、
「私たちには子供たちの命を守り育んでいかなくてはならない使命があります。我々文科省としては一人一人が他人ごとではなく自分事ととらえ、総力を挙げて取り組んで参ります。今現在も苦しんでいる子供たちがいます。その子供たちの命を守るために第1回のタスクフォースからしっかりとはじめていきます」
と話しました。

第1回タスクフォース会議では、
・漏れの無いように厚労省としっかり連携をとり、両省が主体的に取り組むこと
・虐待を早期に発見するためのチェックリストの作成
・学校の先生に対応頂きたいことを分かりやすくまとめたマニュアルの作成
・過度な要求を行う保護者に対処するための学校や教育委員会における法律の専門家の必要性などが確認されました。

また、全国の公立小中学校・教育委員会等に早急に発出を行うべく準備を進めている緊急点検について、子供たちの安全を最優先に、点検時に求める内容を明確にすることについて確認されました。

引き続き厚労省と連携し、緊急点検の発出等進めてまいります。