ここからサイトの主なメニューです

古坂大魔王さんへ柴山大臣からCCC大使委嘱状交付

1月25日(金曜日)
教育・スポーツ・文化

無断転載を禁じます。

1月25日、ピコ太郎のプロデューサーとしても知られる古坂大魔王さんに、文部科学省の多文化コミュニケーションに関する取組の広報活動に関し応援して頂く「クロス カルチュラル コミュニケーション大使(通称:CCC大使)」の委嘱状を柴山大臣から交付しました。

古坂さんには、

・意欲と能力ある全ての日本の若者への留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」
・スポーツを通じた健康増進「Sport in Life」を目指し「スポーツ参画人口拡大」
・スポーツと他産業との融合を促進する「スポーツオープンイノベーションプラットフォーム(SOIP)」
・2020年に向けた日本の文化発信
・海賊版対策の普及啓発

など、国内外への発信や多分野・異業種がコミュニケーションをとって進める取組等に関して広報大使としてイベント出演などご活動いただく予定です。

古坂大魔王さんはピコ太郎を“連れて”海外を回った際に感じた事として、
「日本文化は意外と求められており、思った以上に浸透していて、勝てる分野もあると感じた。今はネットで全ての情報を得られるが、風や匂いや人柄や時間など現地で感じたことは行かないと伝わらない。行ってみる!トビタテ!というところにすごく共感した。」
と話され、頑張りたいと意気込みを語られました。

また、古坂さんが、ピコ太郎から大臣へと預かったものが・・・とピコ太郎の実際の衣装であるヒョウ柄のマフラーを取り出し、柴山大臣が首にかけると、誰よりもピコ太郎の真似が上手な古坂プロデューサーと柴山大臣のPPAPのコラボレーションも実現しました。