ここからサイトの主なメニューです

林大臣は中国・北京を訪れ、「日中大学生千人交流大会」に出席し挨拶

8月29日(水曜日)
教育

8月29日、林大臣は、翌30,31日にハルビン市で開催された第10回日中韓文化大臣会合への出席に先立ち北京市を訪れ、「日中大学生千人交流大会」に出席し挨拶した他、北京外国語大学日本学研究センターを視察しました。

「日中大学生千人交流大会」は、両国の学生の相互理解と友好感情を高め、未来志向の両国友好関係を築くことを目的に駐日中国大使館が主催する大会です。
 約500人の日本人学生が中国に招かれ、約1週間、中国人学生とともにグループに分かれて文化活動やスポーツ活動等を共に行います。
 今年の大会は、日中平和友好条約締結40周年を記念して北京大学で開催され、日中国交正常化45周年を記念して開催された昨年に引き続き、両国の約1000人の学生が参加し交流を深めました。

林大臣が出席した日中両国の主要な出席者及び学生らが参加した大会のプログラムでは、冒頭に、中国の李克強国務院総理と安倍晋三内閣総理大臣による祝辞が代読されました。
 その後、中国教育部の陳宝生部長の挨拶に続き、林大臣は来賓挨拶の中で、若い世代の交流をはじめとした人と人との交流こそが、二国間の関係の大きな支えになると確信していると話し、
 「皆さんには大いに語り合い、相互理解を深めていただきますとともに、変化の時代の先にある未来の姿を、協力関係の下に共に描いて頂くことを心から期待しています」
と、会場に伝えました。

続いて、駐日中国大使館程永華特命全権大使、林建華北京大学長、長谷山彰慶應義塾長、日中両国の学生代表による挨拶が行われ、プログラムの最後には、壇上に「青年」「希望」「未来」という大きな垂れ幕が下がり、会場を沸かせました。

その後、林大臣は、北京外国語大学日本学研究センターを訪れました。同センターは、中国教育部と日本国際交流基金の支援のもとで設立されて以降、30年以上にわたって両国の交流を支えてきました。林大臣は、日本語の蔵書を多くもつ図書室、同時通訳演習室等を視察し、その後、学生及び教員約70名との交流会において、同センターの概要や取組等について紹介を受けるとともに、今後も日中両国の若者が互いに交流できる機会を構築できるよう努力したい旨を伝えました。

李克強中国国務院総理祝辞代読
孔絃佑中国外交部副部長

安倍晋三内閣総理大臣祝辞代読
横井裕在中国日本国特命全権大使

主催である駐日中国大使館
程永華特命全権大使

陳宝生中国教育部部長

中国側学生代表挨拶
張怡軒さん(北京大学)

日本側学生代表挨拶
中島空太さん(東京大学)

北京外国語大学日本学研究センターにて