ここからサイトの主なメニューです

さくらサイエンス・ハイスクールプログラムで来日した高校生が林文部科学大臣を表敬訪問

7月19日(木曜日)
教育/科学技術

7月19日、日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)のハイスクールプログラムで来日中の、ブルネイ・中国・シンガポールの高校生代表が林文部科学大臣を表敬訪問しました。
 さくらサイエンスプランは、アジア等の国・地域の優秀な青少年を日本へ短期招へいし、日本の最先端の科学技術に触れてもらうとともに、日本において科学技術の分野での交流を深めてもらうことを目的としたJSTのプログラムです。本事業に参加した青少年が、将来、アジアのサイエンス・リーダーとして活躍し、国境を越えたネットワークを形成することも期待されています。
 訪問した高校生からは、日本の大学の研究室を訪問し最先端の科学技術に触れた体験や、ノーベル賞受賞者の益川敏英先生による特別授業、日本の高校生との交流などに触れつつ、日本の関係者のホスピタリティやさくらサイエンスプランに参加できたことへの感謝などのコメントがありました。林大臣からは、今回のさくらサイエンスプランで日本訪問を歓迎するとともに、科学技術は我々の生活をより良いものにするための主要な力である旨、また同年代の学生との交流の重要性などについて述べました。

表敬訪問の様子(1)
左側:ブルネイ代表、右側:林大臣

表敬訪問の様子(2)
左側:ブルネイ代表、中央:林大臣
右側:中国代表

花束贈呈
左側:林大臣、右側:中国代表の高校生

お土産贈呈
左側・右側:シンガポール代表の高校生
中央:林大臣