ここからサイトの主なメニューです

大同生命保険株式会社の工藤稔代表取締役社長から公益財団法人日本障がい者スポーツ協会鳥原光憲会長へ、
第18回全国障害者スポーツ大会に対する協賛金の目録贈呈

7月11日(水曜日)
スポーツ

無断転載を禁じます。

今年10月、福井県で開催する第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」に、大同生命保険株式会社様から1億円の特別協賛金をいただきました。
 7月11日、林大臣立ち合いのもと、大同生命保険株式会社の工藤稔代表取締役社長から公益財団法人日本障がい者スポーツ協会鳥原光憲会長へ、協賛金の目録が贈呈されました。

大同生命様には、この大会の前身である全国知的障害者スポーツ大会(ゆうあいピック)の第1回東京大会(平成4年)から継続して特別協賛をいただいており、今回で26回目となります。

林大臣は、協賛金に加えて大同生命の社員約300人がボランティアとして参加するなど長年大会を支えてくださっていることに感謝を述べました。
 また、今年の大会では障害の有無にかかわらず、スポーツの素晴らしさと感動の共有を目指した取組として、初めて、車いすバスケットボール競技が国民体育大会期間中に実施されることに触れ
「一つ一つの歩みをしっかり進めていただいていることに鳥原会長はじめ関係者の皆様に敬意を表する次第です」
と伝えました。

工藤社長は、
「林大臣ご臨席の下、特別協賛企業として協賛金を贈呈させていただくことはこの上ない名誉であり大変嬉しいことです。これが30回、50回としっかりとサポートし続けられる会社になれるようしっかり努力をいたします」
と述べられました。

日本障がい者スポーツ協会の鳥原会長は、
「全国障害者スポーツ大会の重要さはますます大きくなっており、大同生命様の期待に十分お応えできるように日本障がい者スポーツ協会、文部科学省、主催自治体はじめ関係者の皆様と力を合わせて大会の大成功に向けて精一杯努力していく所存です」
と話されました。

第18回全国障害者スポーツ大会は福井県を舞台に10月13日(土)〜15日(月)に開催されます。なお、第73回国民体育大会は9月29日(土)〜10月9日(火)です。

大同生命保険株式会社 工藤稔代表取締役社長

日本障がい者スポーツ協会 鳥原光憲会長