ここからサイトの主なメニューです

2017ミス・インターナショナル世界大会上位5名と2018の日本代表が林大臣を表敬訪問

11月15日(水曜日)
その他

10月26日から11月23日、平和と美の親善大使として世界約70の国と地域から代表者が来日し、世界一を決める世界大会をはじめ、日本各地で日本文化の体験や生徒・学生らの交流などさまざまな活動を行う、「2017ミス・インターナショナルビューティーページェント」が開催されています。

訪問の前日、14日に世界大会が開催され、上位5位に選ばれた方々と、来年の世界大会に出場する2018年日本代表が訪問されました。

世界3大のビューティーコンテストの一つと言われるこの大会は、日本の団体が主催しており、「相互理解による世界平和の実現」と「国際社会における日本の正しい理解」をスローガンに毎年開催されています。

大会期間中、世界一を決めるだけでなく、参加者は華道などの日本文化を体験するとともに、生徒・学生らとの交流などの活動を積極的に行います。また、その様子をSNS等で全世界に発信しています。
イベントを通して様々な日本文化の海外への発信や、青少年・地域等の国際交流促進に寄与するという観点から文部科学省は平成27年から今大会を後援しています。

林大臣は、皆さんのトップ5入賞と来年の日本代表決定にお祝いの言葉を述べるとともに、
「日本滞在中、多くの交流や日本文化に触れたことを覚えていて頂き、世界に広めていただきたい」
と伝えました。

1位&2017ミス・ベストドレッサー インドネシア代表 ケビン リリアナさん

今週のトピックス

今日の出来事