ここからサイトの主なメニューです

林大臣 アズレー ユネスコ次期事務局長候補らと会談、「ユネスコ/日本ESD賞」授賞式に出席

11月3日(金曜日)
教育/文化/科学

林大臣は、ユネスコ総会出席に合わせて、アズレー ユネスコ次期事務局長候補、ボコバ現事務局長、フランスのブランケール国民教育大臣らと会談しました。

ユネスコのアズレー次期事務局長候補との対談で林大臣は、次期事務局長候補選任のお祝いの言葉を述べるとともに、今後のユネスコ運営におけるアズレー氏のリーダーシップへの期待などについて伝えました。

ブランケール フランス国民教育大臣とは、2国間の交流促進について意見交換を行うとともに、フランスの高等教育入学資格試験であるバカロレアを日本語で受けられる科目(国語、地理・歴史)の実施に関する両国の協力覚書署名式を行いました。
 また、会談ではフランスでの日本語教育を行う学校の設置促進や日本語教員の増員、専門高校の在り方、そして、両国の職業専門高校の交流促進等について意見交換をしました。

また、林大臣は、日本の財政支援により創設され、世界中の優れた「持続可能な開発のための教育(ESD)」の活動を表彰する「ユネスコ/日本ESD賞」の第3回授賞式に出席し、ヨルダン、ジンバブエ、イギリスからの受賞団体に賞金を授与しました。これらの取組が世界中に広まり、SDGsの推進に向けた模範となることが期待されています。

この日はさらに、ボコバ現ユネスコ事務局長、アルゼンチンのフィノッキアーロ教育大臣、ノルウェーのアスハイム教育研究大臣、と各会談や、日本政府主催レセプションに出席するなど、有意義な滞在となりました。

アズレーユネスコ事務局長候補との会談

ブランケール仏国民教育大臣とフランスの高等教育入学資格試験であるバカロレアを
日本語で受けられる科目(国語、地理・歴史)の実施に関する両国の協力覚書署名式

ブラケール仏国民教育大臣との会談

ボコバ現ユネスコ事務局長との会談

アルゼンチンのフィノッキアーロ教育大臣との会談

ノルウェーのアスハイム教育研究大臣との会談

「ユネスコ/日本ESD賞」の第3回授賞式

ジャパンレセプション 大臣スピーチ

今週のトピックス

今日の出来事