ここからサイトの主なメニューです

林大臣もギタリストとして参加!?
障がいがある人もない人も一緒に楽しめるスポーツと文化の祭典「Sports of Heart(スポーツ・オブ・ハート)」

10月14日(土曜日)
スポーツ/文化

無断転載を禁じます。

10月14日、15日の2日間、代々木公園イベント広場を中心に、スポーツ体験、ファッションショー、音楽ライブ、トークショーなどを一緒に楽しみ、障がいの有無に関わらず “すべての人たちが共に分かち合い、心豊かに暮らせるニッポン”をめざすプロジェクト「スポーツ・オブ・ハート」が開催されました。
 これは、パラリンピアンの呼びかけによりスポーツ選手・ミュージシャン・文化人たちが共鳴し合い、団体・企業・省庁が協力して誕生し、今年で5回目となりました。

開会式に出席した林大臣は挨拶で
 「ごちゃ混ぜ、いろいろな人が障がいやジャンルなどにこだわらずいろんなことを一緒に楽しむのがノーマライゼーションです。私も後ほどごちゃ混ぜの一人に入れてもらおうと思います。是非大いに楽しんで盛り上げてください」
 このように挨拶。そして、
 私も後ほどごじゃ混ぜの一人にと話した通り、
 視覚障がいのギタリスト、田川 ヒロアキさんと、視覚障がいのヴァイオリニストの穴澤 雄介さんとともに、なんと、ギタリストとして登場。会場を沸かせました。

一曲のセッションで退場かと思いきや、続いてピアノへ。これまた会場から驚きのどよめきが聞こえました。

お二人とのセッションを通して林大臣も会場の皆さんと感動を分かちあい、共にこの「Sports of Heart」ムーブメントの輪を広げる一人として会場を盛り上げました。

※スポーツ・オブ・ハート公式ホームページ

今週のトピックス

今日の出来事