ここからサイトの主なメニューです

平成29年度生涯スポーツ功労者及び生涯スポーツ優良団体表彰式
個人156名、団体108が受賞

10月6日(金曜日)
スポーツ

10月6日、平成29年度生涯スポーツ功労者及び生涯スポーツ優良団体表彰式を執り行いました。これは、地域や職場でのスポーツの普及や発展に貢献し、地域のスポーツ振興に顕著な成果を上げたスポーツ関係者及びスポーツ団体を文部科学大臣が表彰するものです。

今年度は、モントリオールオリンピック女子バレーボール金メダリストでもあり、長く埼玉県の地域スポーツ振興にご尽力された神白高子(かじろたかこ)さんをはじめ、個人156名、団体では108団体が受賞されました。

林大臣は挨拶で、
「地域スポーツにおいて中核的な役割を果たしている皆様方の活動は、年齢、性別、障害の有無を問わず、国民誰もがライフステージに応じたスポーツ活動を推進する上で欠くことのできない重要なもの」
と話し、長きにわたり、地域におけるスポーツの発展に貢献頂いたことに対して、感謝と敬意を伝えました。

受彰者を代表して挨拶された神白高子さんは、
「この度の受賞は一個人、一団体の栄誉でなく、同朋の方々や地域の方々とともに受賞したものと受け止め、この感激をそれぞれの地域のみなさんと分かち合いたい。私たち一同は本日のこの受賞を励みとし、スポーツのさらなる発展と地域の方々の健康の保持増進に誠心誠意努力してまいりたい」
と述べられました。

文部科学省では、今年3月に策定した第二期スポーツ基本計画の下で、スポーツ立国の実現に向けた施策に取り組んで参ります。

※平成29年度生涯スポーツ功労者及び生涯スポーツ優良団体表彰被表彰者の決定について(スポーツ庁ホームページ)

生涯スポーツ功労者 総代 河田健雄様

生涯スポーツ優良団体 総代
かきざきスポーツクラブ副会長 大日方義久様

受彰者代表で挨拶をされた 神白高子様

来賓祝辞 日本体育協会副会長兼専務理事 泉正文様

今週のトピックス

今日の出来事