ここからサイトの主なメニューです

林大臣 有人潜水調査船「しんかい6500」に潜入!

平成29年8月28日(月曜日)
科学技術

無断転載を禁じます。

「しんかい6500」は、深海6500mまで潜ることができる有人潜水調査船で、日本近海だけでなく、太平洋やインド洋、大西洋と世界各地を1500回以上潜航し、大地震の発生場所であるプレートや深海生物、極限生物圏である深海環境の調査などを行っています。

8月28日、日本が誇る世界最先端の科学技術を視察する為、現在整備中の「しんかい6500」など、横須賀の海洋研究開発機構(JAMSTEC(ジャムステック))を林大臣が訪れた時の一幕。

現在国立科学博物館ではこの「しんかい6500」が活動する世界「深海」をテーマとした特別展が7月から行われており、入場者数が間もなく40万人に達するほどの人気だそうです。

 林大臣は、「しんかい6500」の内径2mのコックピット内に入り、大西琢磨パイロットに機材や操縦方法などについて説明を受けました。
 予想以上に狭い限られたスペースで3人が作業すると聞き、驚くとともに、映画で見たような世界に感激していました。



※特別展「深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」

※海洋研究開発機構(JAMSTEC)

※しんかい6500

今週のトピックス

今日の出来事