ここからサイトの主なメニューです

学校施設整備の為の予算確保に関して自民党「学校耐震化・施設整備等促進議員連盟」から林大臣に要望

平成29年8月22日(火曜日)
教育

8月22日、自民党「学校耐震化・施設整備等促進議員連盟」の国会議員12名が林大臣を訪問され、学校施設整備に関する要望書を手渡されました。

要望書には、学校施設に関して、緊急時に必要な老朽化対策、照明器具などの非構造部材を含めた耐震対策、防犯機能の強化、トイレ改修や空調設備等の教育環境の改善推進やその為の恒久的な予算確保が必要であることなどが記されています。

初めに発言された櫻田義孝衆議院議員は、
「骨組み等構造的な面はかなり対応できてきているが、天井などの部分(天井、照明器具など非構造部材)の耐震化が十分でないので、安全・安心な教育環境の整備の為、予算の確保をお願いしたい」
と話されるとともに、教育環境の格差が能力の格差につながらないようにと述べられました。

林大臣は要望書を受け取り、
「トイレ改修や空調整備等、環境整備は大変大事ですので、我々もしっかり予算を確保できるよう努力したい。先生方の一層の応援もお願いしたい」
と伝えました。

今週のトピックス

今日の出来事