ここからサイトの主なメニューです

「H−ⅡAロケット35号機による「みちびき3号」の打上げ成功」
〜林大臣が打上げを視察「立ち止まる勇気に敬意・ みちびき3号機の運用が予定通りいくことに期待」〜

平成29年8月19日(土曜日)
科学技術

打上げの様子

無断転載を禁じます。

8月19日、カーナビや携帯の位置情報サービスなどに使用される測位システムなどを搭載した日本の衛星「みちびき」の3号機が、種子島宇宙センター(鹿児島県)で打上げられ、成功しました。

当初予定されていた12日から延期となっていましたが、19日14時29分00秒に無事打上げられ、28分37秒後にみちびき3号機の切り離しに成功、この後、予定されている軌道に乗る予定です。

現地で打上げを視察した林大臣は、記者会見で、
「先週、打上げ中止・延期となりましたが、立ち止まる勇気を現場の皆さまも含めて見せていただいたことに敬意を表したい」
「「みちびき3号機」が順調に軌道に乗り、予定通り運用されることに期待している」
と話しました。

また、 文科省として、さらなる安全性・信頼性の向上に努めるとともに、打ち上げコストがH-ⅡAロケットの半分とも言われるH3ロケットの開発にも着実に取り組んでいくと話しました。

・・・・・・

『日本の衛星「みちびき」によってどうなる??』

「みちびき」によるサービスは、日本の真上付近を周回する軌道に乗った衛星(準天頂衛星)と、固定された位置に配置される衛星(静止衛星)を組み合わせて提供されます。
今回のみちびき3号機の打上げで、準天頂衛星2機、静止衛星1機の体制となりました。そのことにより、現在アメリカの衛星「GPS」を使用し行っている位置情報サービスなどの衛星測位サービスが、ビルの谷間や山間部でも繋がりやすく、より正確になります。また、日本独自のサービスとして、将来、車の自動運転にも適用が期待されている「cm級で測位が可能となる測位信号」(GPSの精度は10m程度)が配信されます。

さらに、静止軌道衛星である「みちびき3号機」は、地球の自転と同じ速度で地球を周り、常に日本の上空にいる為、いつでもアクセスできる利点から、災害時等の安否確認情報サービスに利用する予定です。

避難所などに専用の端末を置き、自分の安否情報を登録することで、携帯電話などの通信機能が利用できない状況でも、「みちびき」を経由して、離れた家族がアクセスし、情報を得られるようになります。

測位衛星は、確実な位置情報を得るためには常に日本の上空に4機いる状態が必要です。今後、日本の衛星だけで測位衛星システムを確立するために、「みちびき」を7号機まで打上げる計画です。

この秋には4号機を打上げる予定です。4号機の打上げにより、常に日本の上空に少なくとも2機存在する体制が整い、「GPS」とセットでビルの谷間などでもより正確な位置情報を得ることが期待できます。

また、「みちびき3号機」は、現在「ひまわり7号」が担っている航空機の管制用の信号を出す機能を2020年に引き継ぐ役目も担います。
小型バスほどの大きさの「みちびき3号機」はこれらの機能を始め、さまざまなミッション機器を搭載し、約15年地球の上空を回る予定です。

※H-ⅡAロケット35号機による「みちびき3号機」の打ち上げについて[文部科学大臣談話]

※「みちびき」について(内閣府のホームページ)

※みちびき打ち上げ特別サイト(準天頂衛星システムサービス株式会社)

打上げの様子

会見での記念撮影

今週のトピックス

今日の出来事