ここからサイトの主なメニューです

文部科学省における再就職等規制違反の再発防止策に関する提言が山田秀雄座長から松野大臣に手渡されました

平成29年7月27日(木曜日)
その他

文部科学省における再就職等規制違反の再発防止策に関して、4月より、山田秀雄座長(弁護士)を中心とした有識者の皆様に、ご議論頂いてきました。
 7月27日、有識者会議でおまとめ頂いた提言が、山田座長から松野大臣に手渡されました。

山田座長は、
「文部科学省が日本における欠かすことのできない重要な省庁という位置づけで、ずっと議論してまいりました。文科大臣におかれましては、この提言を受け、再就職の適正化に向けてご検討、ご実践を頂ければと思います。よろしくお願いします」
と話されました。

提言書を受け取った松野大臣は、山田座長のリーダーシップの下に精力的にご議論頂いたことに感謝申し上げるとともに、
「再就職等規制違反の再発防止にとどまらず、人事慣行の見直しや研修制度など幅広くご提言頂いており、文科省としてはこのご提言を踏まえて、早々に実現、実施をしてまいりたいと思います。今、省内においても、特に中堅・若手により文部科学省の今後の再生策について議論を活発に行っております。反省を基にそのうえで、文科省は日本の未来担当省だと気概を持ってやっていこうと省内で意思統一をしていることころであり、先生方から頂いた提言をしっかり実行してまいります」
と話しました。

また、
「まず文部科学省に必要なことは国民の皆さんの信頼をしっかりと勝ち取っていくことであり、今回頂いた提言がその基礎となります。これをもって再スタートを進めさせていただきたいと思います」
と述べました。

文部科学省における再就職等規制違反の再発防止策に関する提言
文部科学省における再就職等規制違反の再発防止策に関する提言(概要)
文部科学省における再就職等規制違反の再発防止策に関する有識者検討会

今週のトピックス

今日の出来事