ここからサイトの主なメニューです

アラブ首長国連邦(UAE)の外務・国際協力大臣アブダッラー殿下とハンマーディ教育大臣が松野大臣を表敬訪問
「両国間の教育分野での交流・協力関係の推進を」

平成29年4月24日(月曜日)
教育

4月24日、UAEの外務・国際協力大臣アブダッラー・ビン・ザーイド殿下と、フセイン・ビン・イブラヒム・アル・ハンマーディ教育大臣が松野大臣を訪問されました。

アブダッラー殿下からは、道徳を始め、日本の教育システムに関心を持たれていることが伝えられ、人口が少ないUAEにとって教育が非常に重要であるとし、高等教育など教育分野での両国間の交流・協力関係をさらに深めたいなど、教育分野を中心に意見を交わしました。

松野大臣は、幼少期から教育は極めて重要であると話し、日本の教育システムへの評価に感謝するとともに、大学間交流を始め、交流・協力体制の強化を進めていきたいと伝えました。

左:ハンマーディ教育大臣 中央:外務・国際協力大臣アブダッラー殿下

今週のトピックス

今日の出来事