ここからサイトの主なメニューです

2017冬季アジア札幌大会 開幕!
水落副大臣、鈴木スポーツ庁長官が開会式に出席

平成29年2月19日(日曜日)
スポーツ

2月19日、2017冬季アジア札幌大会が開幕しました。冬季アジア大会は、昭和61年に札幌市で第1回大会が開催され、今回が第8回大会です。26日までの8日間、札幌市のほか帯広市でも開催されます。
 スキー、スケート、バイアスロン、アイスホッケー、カーリングの5競技が行われ、32の国と地域から選手・役員約1,800人が参加予定です。札幌ドームで行われた開会式には皇太子殿下が御臨席され、水落副大臣と鈴木スポーツ庁長官も出席しました。

水落副大臣と鈴木長官は、開会式に先立って18日に行われたアイスホッケー女子(日本対カザフスタン)、カーリング女子予選(日本対カタール)、19日のスノーボード男子及び女子大回転、20日に行われたクロスカントリー男子及び女子1.4km 個人スプリント クラシカルを視察しました。
 19日のスノーボード女子大回転では、家根谷依里(やねたに えり)選手が優勝し、今大会の金メダル第1号に輝いた他、男子では日本代表の神野慎之助(かみの しんのすけ)選手が銅メダルを獲得、20日のクロスカントリーでは柏原暢仁(かしわばら のぶひと)選手が銅メダルを獲得しました。

水落副大臣は、
「3日間の競技視察を通じて、トップレベルの選手の争いと冬季競技が盛んでない国の選手のひたむきなプレーに感銘を受け、アジアへの冬季競技の普及を目的の一つに掲げる本大会の意義を実感した」と話しました。

札幌、帯広で連日熱戦が繰り広げられています。みなさん、冬季アジア札幌大会にご注目ください。

※冬季アジア札幌大会についてはこちら

開会式

アイスホッケー女子

アイスホッケー女子

スノーボード

スノーボード

クロスカントリー

クロスカントリー

今週のトピックス

今日の出来事