ここからサイトの主なメニューです

アスリートは2つの人生を歩んでいる!?
現役中から将来のキャリア形成をするデュアルキャリア支援に、組織を横断した連携強化

平成29年2月2日(木曜日)
スポーツ

皆さんは『デュアルキャリア』という言葉を聞いたことがありますか?
 2月2日、アスリートのデュアルキャリア形成を支援するための『スポーツキャリアサポートコンソーシアム』の創設式が行われ、鈴木スポーツ庁長官が出席しました。
 アスリートは、競技力向上を追求していく競技者人生と、社会性、学力、就職、結婚など人として成長していく人生の、2重のキャリアを歩んでいます。この2重の人生の考え方を『デュアルキャリア』といいます。以前は、現役中は競技に集中し、引退後に第2の人生を組み立てていく。支援に関してもセカンドキャリア支援という考え方が主流でした。しかし、セカンドキャリアに進むためにも現役中の人としての成長は不可欠です。

平成24年に施行された国のスポーツ政策、「スポーツ基本計画」でデュアルキャリアという考えが明記され、人としてのキャリアを十分考えながら競技生活を送ることが重要であり、トップアスリートのデュアルキャリアの形成支援が国の責務だと位置づけられました。
 コンソーシアムでは、国とスポーツ界、経済界、教育界などさまざまな組織が参画して、認識を同じくし、アスリートを支えていく環境整備を進めていきます。 アスリートが、培ってきた経験、能力等を生かし、スポーツ界から輩出される人材がより社会で活躍することが日本の成長にも大いにつながるはずです。

『スポーツキャリアサポートコンソーシアム』の構築・運営は、スポーツ庁の委託事業として平成27年度から日本スポーツ振興センターが進めてきた「スポーツキャリアサポート推進戦略」事業の一環です。
 鈴木スポーツ庁長官はコンソーシアム創設式のあいさつで、
 「多くの団体と連携を図りながら協力しあい、アスリートのサポートに全力を尽くしていきたい。その為にもコンソーシアムにはスポーツ界、教育界、経済界、多くの団体が参画していただくことが重要であり、多くの方に趣旨に賛同して輪に加わっていただきたい」と話しました。

創設式の後、会場ではアスリートキャリアの課題や関連する情報を、国、大学、産業界、選手などさまざまな視点から情報を集約したトークイベント「アスリート・キャリア・トーク・ジャパン2017」が開催され、参加者が情報共有をするとともに、ネットワーク構築などを図りました。

トークイベントの中では、アスリート本人はもちろんのこと、指導者や保護者などアスリートを取り巻く環境全体がデュアルキャリアを認識することがまず重要だという話などが出されました。
 今後、キャリアアドバイザーの育成、デュアルキャリアに関する教育プログラムの開発などをさらに進めていく予定です。

『スポーツキャリアサポート推進戦略』について(日本スポーツ振興センターHP)

今週のトピックス

今日の出来事