ここからサイトの主なメニューです

菊池桃子氏が松野大臣を表敬訪問
〜「障害の有無にかかわらず共に学ぶ教育を」 「子供たち一人一人に合った道が切り開ける日本へ」~

平成29年1月18日(水曜日)
教育

菊池桃子氏が松野文部科学大臣を訪問しました。菊池氏は平成28 年7月に「文部科学省 初等中等教育局 視学委員」へ着任して以来、熊本県や福島県の特別支援学校への視察や、国立特別支援教育総合研究所への視察など特別支援教育の推進に向けてご尽力いただいています。

今回の大臣訪問では、菊池氏の今までの活動報告や、今後の特別支援教育の充実に向けて意見交換が行われました。

菊池氏は、障害のある子供たちへの生涯を通じた支援の必要性や、障害のある者とない者とが共に学ぶインクルーシブ教育システムが日本に一層根付いていくことが望ましいという思いなどを語られました。また、最後に「特別支援教育に関して、私にできることをしっかり務めていきたい」と意気込みを語られました。

なお、今回の対談の詳細については、5月12日(金)に刊行予定の季刊誌「特別支援教育」の第65号(春号)に掲載します。
季刊誌「特別支援教育」についてはこちら

今週のトピックス

今日の出来事