ここからサイトの主なメニューです

松野大臣アメリカ訪問 前編

平成29年1月11日(水曜日)
その他

ジョン・ヘネシー スタンフォード大学前学長との意見交換

無断転載を禁じます。
動画は、アメリカ訪問後編と同じです。

松野大臣は、産学連携や大学発のベンチャー起業創出について知見を得るため、アメリカ・サンフランシスコを訪れました。
 1月11日は、これら分野で世界でも高い評価を受けているカリフォルニア大学バークレー校とスタンフォード大学を訪れ、関係者と意見交換を行いました。
 大学発のベンチャー企業をどのように創出しているか、支援の仕組みや大学運営資金などについて、関係者にこれまでの事例を含めて話を聞きました。

運営資金に関しては、アメリカの大学の大きな資金源となっている寄付について、バークレー校で寄付を集める専門家である資金調達業務を統括する担当者に話を聞いたほか、スタンフォード大学では大学の経営手腕にたけており、 自身も2つのベンチャー企業を設立した、ジョン・リロイ・ヘネシー前学長から話を聞きました。
 ヘネシー氏は、支援・寄付を求めるにあたって、大学がしっかりビジョンを立てることの大切さ、長年にかけて築く関係性、などを話されました。また、企業と連携する方法だけでなく、大学がもつアイディアを大学自身で生かして起業する効率性についても言及されました。

先進的な取り組みや具体的な事例、アイディア、ノウハウなど貴重な話をお聞きでき、アメリカの先進的な取り組みを日本にどういかすか、今後検討する課題が新たに見えた意見交換会となりました。

また、日本学術振興会の制度で派遣されている30代前後の若手研究者との夕食会も行いました、アメリカと日本の大学の違いなど、大学にいて感じている率直なさまざまな意見をお聞きしました。

今週のトピックス

今日の出来事