ここからサイトの主なメニューです

「東京2020に向け、文化プログラムがスタート!」
~全国に通じる五街道の起点、日本橋でキックオフセレモニー~

平成28年10月07日(金曜日)
文化

10月7日、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、スポーツだけでなく、国内外に日本の文化を発信すべく、文化プログラムがスタートしました。

スタートに合わせて、江戸の文化の発信地であり、五街道の起点ともなった日本橋で「幕開(あ)き 日本橋 ~東京2020文化オリンピアードキックオフ~」と題したセレモニーが行われ、松野大臣、宮田亮平文化庁長官が参加しました。

セレモニーには主催者の小池百合子東京都知事、森喜朗東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長らも出席されました。

小池知事は、2020年に向けた機運をオールジャパンで盛り上げるためには全国各地の方々との連携が不可欠とし、「今後展開するプログラムに多くの方に参加いただき、芸術、文化の魅力を感じて頂きたい」と話されました。

また、森会長は、文化は長い間その地域に根ざし、人の心に宿してみんなで守り伝え広げてきたものだと思うとし、「感謝や御礼なども文化だと思う。多くの人たちに参加頂き、みんなでつくって頂き、日本の素晴らしい文化を世界の皆さんにご覧頂きましょう」と話されました。

なお、文部科学省では、今月19日~22日に京都と東京で、2020年そしてその先に向けたキックオフイベントとして「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」を実施します。
※詳しくはこちら