ここからサイトの主なメニューです

松野大臣は、閉会式に出席し、フラッグハンドオーバーセレモニーを見守りました。

平成28年8月21日(日曜日)
スポーツ

松野大臣は、閉会式に出席し、オリンピック旗がリオデジャネイロ市のパエス市長からバッハIOC会長を経て小池百合子東京都知事に手渡されたフラッグハンドオーバーセレモニーを見守りました。

次期開催国としての東京の演出には人気ゲームキャラクターのマリオに扮した安倍総理が登場し、会場から歓声が上がっており、多くの人の東京大会への期待がさらに高まっていると強く感じました。

松野大臣はリオ大会の閉会式を観て、
「最後もサンバで締めていて、ブラジルやリオの歴史や文化を全面に出した閉会式で感動した。2020年を向けて、東京・日本の文化の発信をしっかりと考えていかなけらばならない」と意気込みを語りました。

リオデジャネイロパラリンピックが9月7日に開幕し、次はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックです!オールジャパンで盛り上げていきたいですね。