ここからサイトの主なメニューです

松野大臣は、安倍総理、鈴木スポーツ庁長官らとともに、日本代表選手団の交流会に出席しました。

平成28年8月21日(日曜日)
スポーツ

松野大臣は、閉会式に合わせてリオデジャネイロを訪れた安倍総理、鈴木スポーツ庁長官らとともに、日本代表選手団の交流会に出席しました。

会場となったジャパンハウスには、陸上男子4×100mリレーのメンバー(山縣亮太選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手)を始め、伊調馨選手や吉田沙保里選手らレスリング女子の選手たちなど、28名が参加しました。

リオ2016大会で日本代表選手団は、金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個、計41個と、過去最高となるメダル数を獲得しています。

松野大臣は「この勢いを東京オリンピックに是非つないでいきたいと思います」と話していました。