ここからサイトの主なメニューです

8月5日(1) 松野大臣、開会式に出席

平成28年8月5日(金曜日)
スポーツ

就任翌日にリオに向かった松野大臣。
滞在1日目の午後からは 、リオオリンピックの開会式を丸川東京オリンピック・パラリンピック担当大臣、鈴木スポーツ庁長官と出席しました。

松野大臣は、演出の意図やブラジルらしさに注目を寄せて、オ ープニングセレモニーを見るとともに、入場行進など、4年後の日 本を見据えた視点で、丸川大臣と鈴木長官と感想を話す場面も見られました。

鈴木長官は、「難民選手団の時に会場が盛り上がっていたのがよかった」と、平和の祭典こその観客の反応に感激していました。

丸川大臣は、「スポーツのみならず、文化の祭典でもあるということが実際に見てより良くわかった。その国らしさが演出や全体の運営も現れている」と話すとともに、見えないところのホスピタリティの重要さを実感したとして、「誘導など、観客目線のちょっとした気遣いが、2020年以降も日本のファンでいてもらうためには非常に重要」だと実際に訪れるからこそわかる重要な点を感想で述べられました。

松野大臣は、会場でもスポーツ大臣らと交流し、「多くの方が次の東京に期待しているとはなしてくれ、次は東京だという実感がさらにました」と話すとともに、
「ボランティアの活躍も目立ち、演出の中もボランティアも含めて みんなでオリンピックを作り上げていくという思いがいい」 と感想を話しました。