ここからサイトの主なメニューです

~113番元素「ニホニウム」 森田博士「名前を言えてうれしい!」~
名称案解禁に合わせて馳大臣と豊田政務官が理研視察

平成28年6月9日(木曜日)
科学技術・学術

無断転載を禁じます。

『「ニホニウム(Nh)」という名前をやっと言える事が大変うれしいです。』

アジアで初めて新元素、113番元素を発見したグループディレクター森田浩介博士が名前の案の解禁を受けて、会見で喜びを語りました。

会見に合わせて馳大臣と豊田政務官は理化学研究所の仁科加速器研究センターを訪れ、森田博士らの案内で、113番元素を作り出した装置や実験を観測するモニター室などを見学しました。森田博士からはどのように113番元素を作り出したかや、次の目標などについて話を聞きました。モニター室では馳大臣が担当者に113番元素ができたことをモニターで確認した瞬間は?と質問し、「しびれました」と、当時の様子などをお話しいただきました。

森田博士は中学校で習う周期表に初めて日本のグループが作った元素が載る事に対して、「研究をさせてくださっている国民の皆さんに、こういった形で恩返しさせて頂ける事は科学的な成果とは別の意味で興奮します」と喜びを話すと共に、理科の好きな子どもが増えてくれたらと期待を示されました。また、福島第一原発の事故を受け、工業的な利用ではないが、原子核に携わっている研究グループとして原発事故で傷ついた方々に向き合い、科学に対する信頼性を回復することが大切だと話されました。

馳大臣は森田博士の次の目標、119番元素、120番元素の発見に、今後も国民のご理解を頂いた上で、全力で応援したいと伝えました。

名称は5ヶ月間の意見公募ののち正式決定が発表されます。