ここからサイトの主なメニューです

G7倉敷教育大臣会合 公開シンポジウム、各国・各機関との会談

平成28年5月14日(土曜日)15日(日曜日)
教育

無断転載を禁じます。

G7倉敷教育大臣会合期間中、公開シンポジウムや各国・各機関代表との会談も行いました。シンポジウムでは、インドのカイラシュ・サティヤルティさんが、世界中のすべての子どもたちへの教育の必要性をテーマに講演された他、馳大臣と各国代表が、移民・難民問題、貧困などさまざまな背景の子どもたちに配慮や尊重をした教育のあり方についてパネリストとともにディスカッションをしました。

教育は未来を作る大切な投資であるという考えや、それぞれの状況に応じた教育の必要性などについて闊達な意見が交わされました。

期間中、馳大臣は、イギリス・フランス・EU・ユネスコそしてイタリアの代表者との会談を行いました。 また、義家副大臣はアメリカ・カナダ・ドイツの代表と会談を行いました。イタリアとは教育・科学技術分野に関する協力の覚書署名式も行いました。

各国・各機関とも協力強化に関して良い話し合いの時間となりました。今後、学生交流など両国間での具体的な取り組みにつなげていきます。