ここからサイトの主なメニューです

4月17日 地震調査委員会(臨時会)開催

平成28年4月17日(日曜日)
その他

4月16日の午前1時25分に熊本で発生したM7.3、最大震度6強を観測した地震を受けて、地震調査委員会(臨時会)を開催しました。これは関係機関や大学などの調査研究を踏まえて、今回の地震活動の現状について科学的に分析するものです。

委員会の分析によりますと、
・14日に起きたM6.5の地震は日奈久(ひなぐ)断層帯の北側の断層がずれたことにより発生した地震で、16日のM7.3の地震は布田川(ふたがわ)断層帯の東側の断層がずれたことにより発生したものであり、14日に比べて16日の地震は規模が大きく、震度6弱以上の強い揺れの領域が広かった。
(※評価文・関連図表1・3・12ページを参照)
・地震活動は活発で、北東から南西方向に延びる長さおよそ30キロメートルの領域のほか、その断層の延長の熊本県阿蘇地方や大分県などの周辺域でも発生している。
(※評価文・関連図表3・5ページを参照)
・地殻変動は最大で熊本県内の長陽(ちょうよう)という観測点で南西方向に約97㎝移動したことが観測された。
(※評価文・関連図表7ページを参照)

評価文は以下に掲載しています
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/04/17/1369832_002.pdf

関連図表は以下に掲載しています
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/04/17/1369832_003.pdf

4月17日の地震調査委員会の様子

4月17日の地震調査委員会の様子

平田地震調査委員会委員長による委員会の開催結果の説明

平田地震調査委員会委員長による委員会の開催結果の説明