ここからサイトの主なメニューです

依頼による食品分析データの受入れについて

            第9回食品成分委員会(平成26年1月24日了解)
            第15回食品成分委員会(平成30年3月1日改訂)

日本食品標準成分表は、きめ細かく利用者のニーズに対応していく観点から、必要に応じて未収載の食品の収載、及び既収載食品の収載値の更新に向けて分析していくことが望ましいが、現状では、全てに対応していくことは困難です。
このため、未収載食品や既収載食品の成分値について、分析データの提供により収載・改訂等の依頼があった場合は、以下のルールに従い、該当食品群を担当する委員が確認した上で、食品成分委員会で収載の可否を決定します。
なお、実際に分析データの提供をする場合は、円滑な実施のため、事前に資源室まで御相談下さい。

【受入れの条件】
分析データの受入れに当たっては、原則として公平性やデータの信頼性確保の観点から、以下の要件を満たすこととする。


1 収載依頼者(分析データ提供者)について
地方公共団体等公的機関、若しくは当該食品を扱う業界を代表する業界団体等とする。

2 収載が可能な食品・成分の性格について
食品については、我が国において、日常摂取され、ある程度の流通量があるものであること。また、個別企業の商品・ブランドのみのものではないこと。
成分については、現在の日本食品標準成分表に収載している成分であること。

3  提供データの分析機関について
提供される分析データの分析を実施した機関は以下の条件を満たしていること。
1)妥当性が確認された方法を用いていること。

2)内部品質管理(内部精度管理)を行っていること。
3)技能試験(外部精度管理)に参加していること。
4)当該分析対象成分についてISO/IEC 17025の認定を受けていること。

4 分析、サンプリング方法について
1)分析方法は、日本食品標準成分表分析マニュアル(以下「マニュアル」という。)に定められている方法、又はそれに準じる方法で妥当性が確認された方法であること。
2)分析のための試料は、該当食品の標準的なものとし、産地、時期等に偏りがない複数をサンプルとしていること。

5 分析データについて
分析データについては、マニュアル及び別紙により、提出を求めるが、収載後は利用者からの問合せに答えられるよう収載依頼者において保管されていること。

【掲載】
日本食品標準成分表収載に当たっては、食品群別留意点において分析データ提供者を示すため「○○協会分析結果資料」等出典を記載する。

お問合せ先

科学技術・学術政策局政策課資源室

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局政策課資源室)

-- 登録:平成28年02月 --