ここからサイトの主なメニューです

新しい学習指導要領に基づく剣道指導に向けて(学校体育実技指導資料第1集「剣道指導の手引」参考資料)

文部科学省では、昭和57年6月に、教科体育における剣道の効果的な指導が行われるよう「剣道指導の手引」を刊行し、平成5年5月に当手引を改訂しました。この手引は、現在まで広く活用されてきましたが、この間、二度に渡り学習指導要領を改訂しました。このうち、平成20年3月に改訂した中学校学習指導要領及び平成21年3月に改訂した高等学校学習指導要領において、保健体育では、生涯にわたって健康を保持増進し、豊かなスポーツライフを実現することを重視する観点から改善を図りました。特に、新しい中学校学習指導要領においては、多くの領域の学習を充分させた上で、その学習体験をもとに自らがさらに探求したい運動を選択できるようにするため、第1学年及び第2学年で「武道」を含む全ての領域を、全ての生徒が履修することとなりました。このため、今回、新しい学習指導要領の趣旨を踏まえた指導の充実が図られるよう、「剣道指導の手引」の参考資料として本資料を作成しました。

お問合せ先

スポーツ・青少年局参事官(体育・青少年スポーツ担当)

指導係
電話番号:03-5253-4111(内線2674)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(スポーツ・青少年局参事官(体育・青少年スポーツ担当))

-- 登録:平成23年05月 --