ここからサイトの主なメニューです

総合型地域スポーツクラブ育成マニュアル まえがき

 文部科学省では、平成12年9月に「スポーツ振興基本計画」を策定し、公表しました。この基本計画は、生涯スポーツ社会の実現に向け、平成13年(2001年)度から22年(2010年)度までの計画期間内に、全国の各市区町村に少なくとも一つは総合型地域スポーツクラブを育成することを目標としています。
 我が国における地域スポーツは、行政サービスとして地域住民に提供されるか、または、地域住民が同好の人たちと一緒に特定のスポーツを仲間内で楽しむという形が一般的でした。しかし、少子・高齢社会の進展、地域社会の機能低下などが指摘される中、スポーツに寄せる国民の期待は高まっており、新しい形態でのスポーツ環境の整備が求められています。このような中で、多種目、多世代、多様な技術・技能の人たちで構成される総合型地域スポーツクラブは、クラブを構成する一人一人がスポーツサービスの受け手であると同時に、創り手であるという主体性を前提とし、これによって地域におけるスポーツ文化の確立を目指すものです。
 それぞれの地域で、スポーツ発展の歴史や施設、人的資源、スポーツ団体などのスポーツ環境、そして、人口動態なども様々です。このため、総合型地域スポーツクラブへの取組も、こうした地域の実情を踏まえ、地域住民、行政、スポーツ団体等が連携・協力して、できるところから進めていくことが肝要と思われます。
 このマニュアルは、クラブを地域で立ち上げて運営している方々や学識経験者の協力を得て、全国でこれからスポーツクラブつくりに携わる人や既に運営を行っている人を対象とした参考のための手引きとして作成されたものです。
 このマニュアルの特徴は、読者の目的や意識に応じた構成がなされていることです。本文4章の構成は、第1章はこれからクラブを立ち上げようとしている人、第2章は既にクラブを立ち上げて運営している人、第3章はクラブの設立、運営面で悩みを持っている人、第4章はクラブについて基本的な事柄を知りたい人を主たる対象にしています。
 このマニュアルが、行政担当者やスポーツ関係者はもとより、地域社会でクラブつくりに関心を寄せる幅広い方々に活用され、地域住民主体による総合型地域スポーツクラブが全国に展開されることを期待します。
 終わりに、御多忙の中、このマニュアル作成に当たって熱心に御協力いただきました協力者各位に対し、厚くお礼申し上げます。

文部科学省スポーツ・青少年局長
遠藤純一郎

お問合せ先

スポーツ・青少年局スポーツ振興課

(スポーツ・青少年局スポーツ振興課)

-- 登録:平成21年以前 --