ここからサイトの主なメニューです

平成26年度「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進」事業の採択先について

平成26年7月3日

平成26年度「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進」事業(平成26年度予算額:16億7,900万円)(うち専修学校、大学、短期大学、専門高校等分)について、別添のとおり採択先を選定しました。

1. 事業概要

 本事業は、専修学校、大学、大学院、短期大学、高等専門学校、高等学校等と産業界等が産学官コンソーシアムを組織し、その下で具体的な職域プロジェクトを展開し、協働して、社会人、女性、生徒・学生の就労、キャリアアップ、キャリア転換に必要な実践的な知識・技術・技能を身につけるための教育カリキュラム等を開発・実証するものです。本事業により、成長分野等における中核的専門人材や高度人材の養成を図るとともに、特に、社会人や女性の学び直しを全国的に推進します。

2. 選定状況

 平成26年5月2日から5月23日までに、専修学校、大学、短期大学、専門高校等を対象に公募を行い、148件の申請を受け付けました。(大学院を対象とした高度人材の養成に係る取組については、別途公募しているところです。)
 その後、「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進事業審査委員会」において審査が行われ、このたび別添のとおり、118件の取組が選定されました。

(参考)

1.コンソーシアム :25コンソーシアム
 事業全体の進捗状況に対応して、環境・エネルギー、食・農林水産などの各成長分野等の広域的な企業・業界団体等のニーズ調査・分析、人材養成のための目標設定・共有、職域プロジェクトごとの進捗状況把握・評価、成果等の発信等を行う。

2.職域プロジェクト
(1)全国的なモデルカリキュラム等の開発・実証:45プロジェクト
 専修学校、大学、短期大学、高等専門学校、高等学校など、それぞれの特性や強みを生かしつつ、産学官連携強化による中核的専門人材養成のための全国的なモデルカリキュラム等の開発・実証を行う。
(2)「地域版学び直しプログラム」の開発・実証:48プロジェクト
 (1)で開発された全国的な標準モデルカリキュラム等を活用して、各地域の専修学校等において、地元の企業や業界団体等の人材ニーズを踏まえた「オーダーメード型教育プログラム」の開発・実証を行う。

(お問合せ)

文部科学省生涯学習政策局生涯学習推進課
専修学校教育振興室長 白鳥 綱重
室長補佐 倉本 光正
専修学校第二係長 榎木 奨悟
電話:03-5253-4111(内線3468)

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成26年07月 --