ここからサイトの主なメニューです

廃校リニューアル50選-33.篠山チルドレンズミュージアム

33.篠山チルドレンズミュージアム
概要
用途: 体験型子ども博物館
廃校理由: 中学校統廃合に伴う施設移転
廃校年: 平成10年
旧学校名: 多紀中学校

建物
構造: 木造1階建て
建築面積: 3,227平方メートル
延床面積: 3,057平方メートル

財源
整備: 合併特例債、一般財源
運営維持管理:入館料、施設利用料

運営主体
名称: 篠山市
形態: 地方公共団体

運営状況
主な利用者: 保育園、幼稚園、小学校、子供会
利用者数: 67,000人/年

調査担当者のコメント
●過疎化による統廃合でありながら、チルドレンズ・ミュージアムという新しい施設整備に積極的に取り組み、周辺の都市部から多くの利用を得ている。
●市外からの人材が持つ専門性と地域住民の協力が融合し、大きな成功を収めている。
●市町村合併の特例債を活用し、新市の新たな観光振興に結びつけている。

管理者から一言
●「篠山チルドレンズミュージアム」は学校統合で閉鎖された旧多紀中学校を活用し、創造性豊かな人づくりと子供たちの「生きる力」を育む拠点づくりをめざし21世紀最初の夏休みにオープンしたミュージアムです。「ちるみゅー」は篠山チルドレンズミュージアムの愛称です。
場所・連絡先
住所: 兵庫県篠山市小田中572
アクセス: JR福知山線篠山口駅より神姫バス(篠山営業所行き:22分、320円)篠山営業所乗り換え、神姫バス(大竿行き20分、480円)丹波東雲下車、徒歩5分篠山営業所発: 9:05分、12:57分の2本帰り:丹波東雲 13:45分、16:17分の2本
Tel/Fax: 079-554-6000/079-554-6001
電子メール: children@city.sasayama.hyogo.jp
HP: http://www.city.sasayama.hyogo.jp/children/
○建物の外観
建物の外観
○教室の面影を残しながら展示スペースとして活用
教室の面影を残しながら展示スペースとして活用1
教室の面影を残しながら展示スペースとして活用2
○玄関の様子 ○教室毎に異なるスペースを持った展示スペースを構成(パンフレットより抜粋)
玄関の様子
教室毎に異なるスペースを持った展示スペースを構成