ここからサイトの主なメニューです

廃校リニューアル50選-26.大杉谷地域総合センター・大杉谷自然学校

26.大杉谷地域総合センター・大杉谷自然学校
概要
用途: 大杉谷地域総合センター:デイサービスセンター、
大杉谷自然学校:環境教育施設
廃校理由: 児童数の減少
廃校年: 平成11年
旧学校名: 大杉小学校

建物
構造: 鉄筋コンクリート造2階建て
建築面積: 559平方メートル
延床面積: 1,002平方メートル

財源 整備: 自然環境保全活動拠点整備事業(環境省)
運営維持管理: 運営補助金(村)、事業収入

運営主体
名称: 大杉いきいきサロン、大杉谷自然学校
形態: 社会福祉協議会、NPO団体

運営状況
主な利用者: 行政区外の住民等、行政区内の住民
利用者数: 3,487人/年

調査担当者のコメント
●吉野川熊野国立公園や宮川の源流といった自然環境や1,000年以上の歴史を持つ文化を活かし、高齢化が進む(高齢化率約55%)地域のニーズにあった廃校の活用を行っている。

管理者から一言
●大杉谷自然学校は、廃校となった小学校を拠点施設として、地域の教育力を利用した環境教育事業を展開している。その結果、地域の中枢機能を担う旧小学校を中心に、自然学校及び地域住民、都市住民の協働及び交流機会が増加しており、地域活性化の要因となっている。
場所・連絡先
住所: 三重県多気郡宮川村久豆199
アクセス: JR紀勢線三瀬谷駅より村営バス1時間、大杉谷地域総合センター前下車
勢和多気インターチェンジより車で約1時間
Tel/Fax: 05987-6-1720/05987-6-0906
電子メール: miyakyou@ma.mctv.ne.jp
HP:http://www.ma.mctv.ne.jp/~osn/
○通りに面した大杉谷自然学校の入口
通りに面した大杉谷自然学校の入口
○地域総合センターの入口
○教室を改装した総合センター内の和室
地域総合センターの入口
教室を改装した総合センター内の和室
○手づくりの展示
手づくりの展示