ここからサイトの主なメニューです

幼稚園ってなあに?どんなところ?何するところ?

    
 
幼稚園は子どもがはじめて出会う学校です。

学校教育のスタートは幼稚園から

   「学校」というと小学校からと思っていませんか。幼稚園も学校教育法に基づく「学校」です。
   3歳から小学校入学前までの子どもは,全国どこでも共通の教育課程(「幼稚園教育要領(※新しい学習指導要領へリンク)文部省告示)に基づく教育が受けられます。
写真:教育要領

なぜ3歳から?

   3歳になると,子どもは,まわりへの興味・関心,人とのつながりなどが急速に広がり,親への全面的な依存の状態から自立に向かいはじめます。幼稚園は,このような発達を踏まえて,初めての集団生活の中で,一人一人のよさや可能性を伸ばしていくところです。
   なお,幼稚園によっては,最近,満3歳の誕生日を迎えた時点で,4月を待たずに入園できるようになっています。

「遊び」は重要な学習です

   幼稚園は,遊びを大切にした教育を行っています。
この時期に思い切り遊ぶことで,その後の学びや創造性が豊かになるといわれています。

   このため,幼稚園では,小学校以降の教育と異なり,教科書を使わず,「遊び」中心の活動を行っています。
これらの「遊び」は,「国語」や「算数」などと同じように子どもの将来にとって重要な学習なのです。
写真:遊ぶ子ども

小学校以降の学習の基盤は幼稚園で作られます

   幼稚園の「遊び」と小学校の「国語」や「算数」などは,一見何のつながりもないように見えるかもしれません。
   しかし,子どもは,幼稚園で様々な遊びを通して,うまく人とかかわれるようになったり,言葉が豊かになったり,自然の美しさや不思議さなどに気付いたりすることで,小学校以降の学習の基盤をつくっているのです。
  次のページへ