ここからサイトの主なメニューです

あいさつ

   このたび、文部科学省では「幼児とともに心をはぐくむキャンペーン」を行うこととなりました。

   幼いときに、家族をはじめ多くの人からたくさんの愛情をもらって育った子ども、友だちと遊んだり、けんかしたり、豊かな自然の中で過ごしたりといろいろな体験を積んだ子どもは、その後きっと充実した人生を送ることでしょう。また、大人も、子どもとかかわることによって、子どもの感性を発見したり、自分自身が成長したりすることができます。
   少子化や核家族化など社会環境が変化する中で、幼児期に子どもがどのように成長していくのか、親をはじめとしたまわりの大人はどのように子どもにかかわることができるのか、幼稚園は幼児の成長をどのように助けているのか   −   このキャンペーンは、これらのことについて、事例を紹介したり、意見をかわしたりすることによって、大人社会全体で幼児を育てていこうというものです。
   みなさまからお寄せいただいた体験談やご意見、ご質問なども反映させて、ホームページを構成していきたいと考えております。さらに、このホームページに掲載した内容は、冊子にまとめるなどして、全国で幼児教育にかかわっておられる方々に提供していく予定です。ぜひ、みなさまのご協力をお願いいたします。
イラスト 文部科学省初等中等教育局幼児教育課長
蒲原 基道(かもはら もとみち)