ここからサイトの主なメニューです

特別支援教育について

10.交流及び共同学習

 障害のある子どもが地域社会の中で積極的に活動し、その一員として豊かに生きる上で、障害のない子どもとの交流及び共同学習を通して相互理解を図ることが極めて重要です。
 また、交流及び共同学習は、障害のある子どもにとって有意義であるばかりではなく、小・中学校等の子どもたちや地域の人たちが、障害のある子どもとその教育に対する正しい理解と認識を深めるための絶好の機会でもあります。

 これまで、実施されてきた活動をみると、地域や学校の実態に応じて様々なものがあります。
 特別支援学校と小・中学校等との間では、学校行事や総合的な学習の時間、一部の教科で活動を共にする直接的にふれあう活動や、作品の交換やインターネットによるやりとりなど、間接的な活動も行われています。

 小・中学校の特別支援学級と通常の学級の間では、実施方法を工夫しながら、日常の学校生活の様々な場面で行われています。

 また、特別支援学校の子どもたちと地域社会の人たちとの間では、文化祭等の学校行事に地域の人たちを招き、学習の様子を紹介したり、互いに交歓する活動が行われているほか、地域での行事やボランティア活動に子どもたちが参加している例も見られます。

 さらに、特別支援学校の子どもたちが、自分が住んでいる地域の小・中学校との間で、教育課程上の位置づけを明確にした上で、小中学校の遠足に参加したり、一部の教科学習を共に受けたりするなどの活動が行われています。

 文部科学省では、小学校、中学校等における障害のある子どもと障害のない子どもとの交流及び共同学習が積極的に取り組まれるように、「交流及び共同学習ガイド」を作成しました。

-- 登録:平成21年以前 --