ここからサイトの主なメニューです

特別支援教育について

9.早期からの教育相談

 特別支援学校では、幼稚園、小学校、中学校、高等学校等に在籍する障害のある子供たちやその教員などに対し、必要な助言・援助を行う地域の特別支援教育のセンターとしての役割を果たすよう努めています。

 特に、障害のある乳幼児やその保護者に対して、子供の発達段階や障害に配慮した療育の在り方、遊びの工夫等について、早期からの教育相談が行われています。

 また、教育、福祉、医療や労働等とも連携し、乳幼児期から学校卒業後まで一貫した障害のある子供とその保護者等に対する相談支援体制・整備の充実を図っています。

-- 登録:平成21年以前 --