ここからサイトの主なメニューです

高等学校における看護教育

Q
 日本の看護教育制度について教えてください。
A
 看護師の資格は看護師国家試験に合格した人に与えられますが,国家試験受験資格を得るためには下の図のようにいろいろなコースが用意されています。
 大きく分けると,高等学校卒業後に大学・短期大学・看護師養成所などで3年間(大学は4年間)の教育を受けるコースと,准看護師の資格を取得してから2年間の教育を受けるコース,及び高等学校の看護に関する学科において入学時から5年間の教育を受けるコースです。
 この中で,高等学校の看護に関する学科での教育は,最も早く看護師の資格が取得できるため,高等学校進学時に将来の目標がはっきり定まっている人には最適のコースといえます。
  看護教育制度図

Q
 高等学校における看護教育について教えてください。
A
 専門高校の一つである高等学校衛生看護科は、看護師養成の制度上、准看護師養成課程として位置付けられ、また、その専攻科は看護師養成課程(2年課程)として位置付けられ、それぞれ、我が国の看護教育の一翼を担ってきたところです。
 また,平成14年度からは高等学校の看護に関する学科とその専攻科を合わせた看護師養成課程(5年一貫過程)が新たに創設され、5年間の一貫教育による看護師養成教育が実施されています。
 その他にも,看護師等の資格は取得できませんが,看護の基礎を学ぶことにより,将来の看護職者としての資質を養うことを目的にした看護に関する学科やコースを設置している高校もあります。

Q
 5年一貫教育について教えてください。
A
 高等学校の看護に関する学科とその専攻科において,5年間の一貫したカリキュラムで看護師を養成するための教育を行うものです。高等学校では普通教科と看護に関する基礎科目を学び,専攻科では豊かな人間性を養うための教養科目と看護の専門科目を学びます。卒業すれば看護師国家試験の受験資格が得られます。
 学校教育法上の制度に変更はありませんので、高校3年間を終了すれば高等学校卒業の資格が与えられ,大学等へ進むこともできますが,これまでのように准看護師試験の受験資格は与えられません。なお,5年一貫教育ですので,専攻科へ進むための入学試験はありません。5年間のゆとりあるカリキュラムのなかで看護のスペシャリストをじっくりと育てます。

Q
 教科「看護」とその専門科目について教えてください。
A
 平成25年度から新しい高等学校学習指導要領が実施されますが,教科「看護」とその専門科目は次のように定められています。
教科の目標]
看護に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ,看護の本質と社会的な意義を理解させるとともに,国民の健康の保持増進に寄与する能力と態度を育てる。
   

(1)

基礎看護 看護の意義と保健・医療・福祉における看護の役割を理解させ,日常生活の援助及び診療における看護に関する基礎的な知識と技術を習得させるとともに,看護を適切に行う能力と態度を育てる。

(2)

人体と看護 看護を実践するために必要な人体に関する知識を習得させ,人体と生活及び環境との関係について理解させる。

(3)

疾病と看護 看護を実践するために必要な疾病,治療及び薬物に関する知識を習得させ,これらと疾病からの回復を促進させるための看護との関連について理解させる。

(4)

生活と看護 看護を実践するために必要な精神保健,生活者の健康及び社会保障制度に関する知識を習得させ,社会生活における医療と保健及び福祉との関係について理解させる。

(5)

成人看護 成人の心身,生活,保健及び疾病について理解させ,成人の看護に関する知識と技術を習得させるとともに,その看護を行うために必要な基礎的な能力と態度を育てる。

(6)

老年看護高齢者の加齢,生活,保健及び疾病について理解させ,高齢者の看護に関する知識と技術を習得させるとともに,その看護を行うために必要な基礎的な能力と態度を育てる。

(7)

精神看護 精神看護の意義と役割及び精神に障害のある人の看護の実際を理解させ,精神看護に関する知識と技術を習得させるとともに,その看護を行うために必要な基礎的な能力と態度を育てる。

(8)

在宅看護  在宅看護の意義と役割及び看護の実際を理 解させ,在宅での看護に関する知識と技術を 習得させるとともに,その看護を行うために 必要な基礎的な能力と態度を育てる。

(9)

母性看護 母性の特質,生活,保健及び疾病について 理解させ,母性の看護に関する知識と技術を 習得させるとともに,その看護を行うために 必要な基礎的な能力と態度を育てる。

(10)

小児看護 小児の特質,生活,保健及び疾病について 理解させ,小児の看護に関する知識と技術を 習得させるとともに,その看護を行なうため に必要な基礎的な能力と態度を育てる。

(11)

看護の統合と実践 看護に関する各科目において習得した内容を臨床で活用できるよう,知識と技術の統合を図るとともに,看護の専門職として必要な能力と態度を育てる。

(12)

看護臨地実習 看護に関する各科目において習得した知識と技術を臨床の場で活用し実践する経験を通して,看護観をはぐくみ,問題解決の能力を養うとともに,チーム医療に携わる様々な職種の役割及び保健医療福祉との連携・協働について理解し,臨床看護を行うために必要な能力と態度を育てる。

(13)

看護情報活用 社会における情報化の進展と情報の意義や役割を理解させるとともに,情報の活用に関する知識と技術を習得させ,看護の分野で情報及び情報手段を主体的に活用する能力と態度を育てる。

(初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室)


 

お問合せ先

初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室 助成係

電話番号:03-5253-4111 (内線2380・2383)

Excel Viewer 2003のダウンロード(外部サイト)

Excel形式のファイルを御覧いただく場合には、Microsoft Excelが必要です。
Microsoft Excelをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(初等中等教育局児童生徒課産業教育振興室 助成係)

-- 登録:平成21年以前 --