ここからサイトの主なメニューです

5 身体に障害のある者への配慮

○ 教員採用選考試験時の配慮の周知方法

 平成19年度選考試験において、身体に障害のある者に対し一般的な配慮を行うことについては、62県市が募集要項又は受験志願書に、例えば「身体に障害等があり、試験会場において特に配慮を必要とする者は、出願時にその旨を申し出ること。」等と記載し、一般的な配慮を周知している。

下線は19年度採用選考試験において新規に導入又は昨年度から変更のあった県市
募集要項又は受験志願書に記載している県市 62県市
前年度61県市
全ての県市
(※ 下線ここから堺市下線ここまで

パンフレット又はホームページに記載している県市 37県市
前年度34県市
青森県、岩手県、下線ここから福島県下線ここまで、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、下線ここから富山県下線ここまで、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、福岡県、下線ここから佐賀県下線ここまで、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、下線ここからさいたま市下線ここまで、千葉市、川崎市、京都市、大阪市、下線ここから堺市下線ここまで、広島市

 【選考試験時の配慮について、具体的に記載又はその他の方法で周知している例】

県市名 周知方法 記載内容・その他の周知例
北海道
札幌市
募集要項  身体に障害がある方については、障害者特別選考の志願者に限らず、点字や拡大文字受検、手話によるコミュニケーション等、障害に応じた配慮を行い、支障なく受検できるよう努めております。
 検査会場において配慮を必要とする方は、出願時に願書の「障害者に係る配慮希望事項」欄に記入するとともに、願書の提出先に連絡してください。
岩手県 募集要項等  障害の程度に応じ、点字や拡大文字受験、手話によるコミュニケーション及び車いすでの受験等、障害に応じた配慮を行います。受験方法、施設面等での配慮を必要とする方は、出願時に電話、文書等で申し出てください。
東京都 募集要項等  障害者特別選考の詳細は、別刷の「障害者特別選考実施要綱」も御覧ください。
 なお、申し込みに当たっては、「受験申込書」右上部「要配慮受験」欄の「点字」「拡大文字」「手話」「車いす使用」「その他」欄にまる印を記入し、別に東京都教育庁人事部選考課選考係にお知らせください。
神奈川県 募集要項等
視覚障害のある方は、点字問題あるいは拡大文字での受験ができます。
車いす等の使用を必要とする方は、試験会場を1階にするなどの配慮をします。
聴覚に障害のある人で手話通訳を必要とする方、その他身体障害等のため受験上の配慮を希望とする方は、あらかじめご相談ください。
愛知県   障害者向け雇用説明会で採用案内を配付している。
滋賀県   大学における説明会で周知を図っている。
大阪府
堺市
  点字による受験案内(要約版)を作成し、関係機関等で閲覧に供している。
山口県 募集要項  身体に障害がある志願者については、障害の状態等に応じて、実技試験の免除、車椅子の使用や点字及び拡大文字による受験等の配慮をしますので、志願書に記載するとともに出願時に申し出てください。
香川県 募集要項等  身体に障害がある者の受験に当たっては、その障害の内容や程度に応じて、受験教室等について配慮するほか、試験内容の一部を免除することがあるので、希望する事項を願書に記入するとともに、事前に相談すること。
熊本県 募集要項等  身体に障害等があり、考査会場において配慮を必要とする受考者(車椅子使用、点字受考等)は志願書に明記するとともに、出願時に電話連絡すること。
大分県   関係団体(聴覚障害者センター等)を訪問し周知を図った。
沖縄県 募集要項  身体に障害があり、試験実施において配慮(点字受験等)を必要とする場合は、願書に記入のうえ、口頭でも申し出ること。
川崎市 募集要項等  身体等の事情により、受験に際して特に配慮を必要とする場合は、受験申込者の所定の欄にまるを付け、事前に教職員課に相談してください。状況に応じて、拡大文字での実施や試験補助者の配置等、受験に際し支障が生ずることのないよう配慮します。
大阪市 募集要項等  身体に障害を有すること等により、受験に際して配慮を必要とする場合(手話、筆談、車椅子の使用、点字、拡大文字による受験等)は、配慮を希望する内容を受験願書の身体に障害を有することによる受験配慮希望内容欄に記入のうえ、出願してください。

前のページへ 次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ