ここからサイトの主なメニューです

4 特別選考の実施

○ 特別選考

 平成19年度選考試験において、特に秀でた技能や実績、豊富な経験を有する者を教員に採用するため、一般の選考と別に特別選考を実施している県市は、42県市(前年度37県市)である。
 分野別に見ると、「スポーツ・芸術選考」は16県市(前年度同数)、「社会人選考」は22県市(前年度18県市)で実施されている。また、現に教職にある、あるいは過去に教職経験のあった者を対象とする特別選考は、17県市(前年度11県市)で実施している。
 これらの他、障害のある者を対象とした選考を39県市(前年度25県市)で実施している。(105ページを参照。)

下線は19年度採用選考試験において新規に導入又は昨年度から変更のあった県市
特別選考を実施 42県市
前年度37県市
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、下線ここから富山県下線ここまで、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、下線ここから兵庫県下線ここまで下線ここから奈良県下線ここまで、岡山県、山口県、徳島県、香川県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県、札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、川崎市、横浜市、京都市、大阪市、下線ここから堺市下線ここまで下線ここから神戸市下線ここまで

 【内訳】 (※ 県市数のかっこ内は、各特別選考と同様な一部試験免除を行っている県市を合計した数)
英語の資格による特別選考 9県市
前年度8県市
かっこ38県市
前年度36県市)
栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、下線ここから富山県下線ここまで、岐阜県、岡山県、川崎市、横浜市

※一般選考の中で一部試験免除を導入した県市は、18ページを参照。
スポーツ・芸術特別選考 16県市
前年度同数
かっこ21県市
前年度22県市)
北海道、青森県、岩手県、栃木県、神奈川県、新潟県、三重県、岡山県、山口県、下線ここから徳島県下線ここまで、佐賀県、大分県、宮崎県、札幌市、さいたま市、横浜市

※一般選考の中で一部試験免除を導入した県市は、18ページを参照。
社会人選考 22県市
前年度18県市
岩手県、宮城県、山形県、群馬県、埼玉県、東京都、下線ここから富山県下線ここまで、長野県、三重県、京都府、大阪府、下線ここから奈良県下線ここまで、山口県、徳島県、香川県、長崎県、宮崎県仙台市、横浜市、大阪市、下線ここから堺市下線ここまで下線ここから神戸市下線ここまで
現職教員又は過去に教職経験のあった者を対象とする特別選考 17県市
前年度11県市
かっこ41県
市前年度29県市)
福島県、埼玉県、下線ここから東京都下線ここまで、神奈川県、下線ここから富山県下線ここまで、長野県、愛知県、下線ここから三重県下線ここまで、大阪府、徳島県、香川県、さいたま市、川崎市、横浜市、下線ここから京都市下線ここまで下線ここから堺市下線ここまで下線ここから神戸市下線ここまで

※一般選考の中で一部試験免除を導入した県市は、18ページを参照。
その他
秋田県: 特別選考盲学校教諭
埼玉県: 情報処理に係る有資格者特別選考試験
下線ここから特別支援教育に関する特別選考試験下線ここまで
千葉県、千葉市: 看護科教諭特別選考
養護教諭特別選考
東京都: 東京教師養成塾生を対象とした特別選考
下線ここから神奈川県: 特別選考【大学推薦】下線ここまで
下線ここから富山県: 特別選考特定資格
特別選考国際貢献下線ここまで
下線ここから長野県: 国際理解教育特別支援のための選考
軽度発達障害児童生徒特別支援のための選考
盲学校理療科を対象とした選考下線ここまで
愛知県: 大学から推薦を受けた者についての選考
下線ここから兵庫県: 特別免許状授与を前提とした社会人選考下線ここまで
宮崎県: 「理療」免許所有者を対象にした特別選考
鹿児島県: 盲・聾・養護学校特別選考
京都市: 国際貢献活動経験者特別選考

 一般選考の中で一部試験免除を導入した県市は、19ページを参照。

【1 北海道・札幌市】

○ スポーツ・芸術特別選考(平成13年度試験より)


(募集人員)一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(小・中:満40歳未満、高:満50歳未満)。ただし、養護教諭区分なし
2 次のア〜ウまでに掲げるスポーツや芸術等の分野において秀でた技能・実績を有する者
 スポーツの分野において国際的規模の競技会に日本代表として出場した者及び日本選手権大会又はこれに準ずる全国的規模の大会において優秀な成績を収めた者
 音楽、美術等の芸術の分野において国際レベルのコンクール、展覧会等で優秀な実績を収めた者及び全国レベルのコンクール、展覧会等で極めて優秀な実績を収めた者
 その他上記に準ずる程度の顕著な活動経験又は技能を有する者で、その経験等が児童生徒への教育効果の面で特に期待できる者
(選考試験)
 書類選考により対象となった者は、第1次試験を免除する。第2次試験は一般選考と同様に実施するが、技能・実績の内容に密接に関連する実技試験は免除する。
(実績)
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 477 276 199 181 137 114 70
採用者数 6 5 7 6 7 2 該当なし
(採用者の内訳)
平成13年度
  高等学校   (保健体育)   全日本剣道選手権大会個人準優勝及び個人3位
内閣総理大臣杯争奪剣道選手権大会個人優勝
都道府県対抗剣道大会団体優勝(次鋒)(男性)
高等学校 (保健体育) 第18回ユニバーシアード福岡大会バスケットボール3位
第18回ユニバーシアードバッファロー大会バスケットボール8位
全日本オールスター戦優勝3回(実業団チーム主将)(男性)
高等学校 (保健体育) 全日本実業団対抗陸上選手権100ハードル優勝、国民体育大会陸上100ハードル4位、日本学生陸上選手権100ハードル優勝(2回)(女性)
高等学校 (保健体育) 元プロ野球投手(男性)
高等学校 (音楽) フランス サンノーム・ラ・ブルティッシュ市国際ピアノコンクールグランプリ
アンドーラ国際ピアノコンクール3位(女性)
平成14年度
  小学校       長野オリンピック女子アイスホッケー6位
全日本女子アイスホッケー選手権大会優勝(2回)(女性)
中学校 (保健体育) 日本学生氷上競技選手権大会スピード部門女子500メートル1位
国民体育大会スケート競技会スピード競技成年女子500メートル1位(女性)
中学校 (保健体育) 女子棒高跳び日本記録保持者
‘98アジア大会女子棒高跳び銀(女性)
高等学校 (保健体育) 日本陸上選手権10種競技3位
日本学生陸上選手権男子10種競技2位(男性)
高等学校 (保健体育) 全日本女子アイスホッケー選手権大会優勝(2回)(女性)
平成15年度
  中学校   (保健体育)   全日本体操競技選手権大会団体総合2位
国民体育大会体操競技成年女子1位(女性)
高等学校 (保健体育) 国民体育大会陸上成年女子800メートル3位
日本陸上協議選手権大会1,500メートル4位(女性)
高等学校 (保健体育) ワールドカップボブスレー日本代表2人乗り22位
アメリカンカップボブスレー日本代表2人乗り13位(男性)
高等学校 (保健体育) ヨーロッパカップボブスレー日本代表2人乗り21位
バイエルンカップボブスレー日本代表2人乗り6位(男性)
高等学校 (保健体育) 長野オリンピック女子アイスホッケー日本代表
女子アイスホッケー世界選手権日本代表(女性)
高等学校 (保健体育) 日本カヌーフラットウォーター選手権大会カヤックペア1,000メートル・500メートル優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 国民体育大会スケート競技会フィギュア競技1位・3位(女性)
平成16年度
  中学校   (保健体育)   全日本男子バレーボール選手権大会16位(男性)
高等学校 (政治経済) 国際アイスホッケー連盟世界選手権出場(男性)
高等学校 (数学) 世界青少年合唱団員(アメリカ・ヨーロッパでコンサートに参加)(男性)
高等学校 (保健体育) 第54回国民体育大会秋季大会陸上競技1,500m成年男子第3位(男性)
高等学校 (保健体育) 冬季アジア大会男子スピードスケート5,000メートル優勝(男性)
聾学校中学部 (保健体育) 第19回世界聾者夏季競技大会男子バスケットボール14位(男性)
平成17年度
  中学校   (保健体育)   国民体育大会冬季大会大回転優勝(女性)
中学校 (保健体育) 国民体育大会出場、ラグビー東日本クラブ選手権5年連続決勝進出(男性)
中学校 (保健体育) 全日本クラブ野球選手権初優勝MVP(男性)
中学校 (保健体育) バスケットボール全日本学生選手権4年連続優勝(女性)
高等学校 (英語) 長野オリンピックスピードスケート女子1,500メートル15位(男性)
高等学校 (保健体育) 冬季ユニバーシアードジャンプ団体戦優勝、日本代表個人戦5位(男性)
高等学校 (音楽) マリアカナルス国際コンクールピアノ部門ディプロマ賞受賞(女性)
平成18年度
  中学校   (国語)   毎日書道展毎日賞受賞(漢字部2類)、毎日書道展漢字部会員(男性)
高等学校 (保健体育) 第20回デフリンピック世界大会男子バスケットボール世界10位(男性)

【2 青森県】

○ スポーツ特別選考(平成13年度試験より)


(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満51歳未満)
2 スポーツの分野において、平成13年4月1日以降、国際的又は全国的規模の競技会等で、特別に優秀な実績を有する者
(例えば、オリンピック大会・アジア大会等に日本代表として出場した者、又は日本選手権大会あるいはこれに準ずる大会において上位入賞の実績を有する者等とする。)
(選考試験)
1 書類審査  出願書類により審査を行う。
2 面接審査  書類審査の結果、面接審査対象となった者について、人間性等の審査を行う。
3 最終選考  面接審査の結果、最終選考対象となった者について、適性検査、小論文、模擬授業、個人面接(外国語での簡単な自己紹介を含む)を行う。
(実績)
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 126 67 49 35 30 21 12
採用者数 2 2 0 1 0 0 該当なし
(採用者の内訳)
平成13年度
  中学校   (保健体育)   全日本バドミントン総合選手権ダブルス3位(女性)
高等学校 (政治・経済) ワールドカップ自転車競技3位(男性)
平成14年度
  高等学校   (保健体育)   日本学生陸上競技種目別選手権大会円盤投げ3位(男性)
高等学校 (商業) 全日本自転車競技選手権大会団体優勝(男性)
平成16年度
  高等学校   (保健体育)   シドニーオリンピックボート日本代表(女性)

【3 岩手県】

1  スポーツ特別選考・芸術特別選考〔中学校、高等学校〕
 (スポーツ特別選考は平成8年度、芸術特別選考は平成10年度試験より)

(募集人員) 中学校及び高等学校 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満45歳未満)
2 以下のいずれかに該当する者
 スポーツの分野において、国際的又は全国規模の競技会で上位入賞するなど、特別に優秀な実績を有する者、又はその指導者
 音楽、美術、書道、演劇等の芸術分野において、国際的又は全国規模のコンクール、展覧会等で上位入賞するなど、特別に優秀な実績を有する者、又はその指導者
(選考試験)
 書類審査により対象者となった者について、面接を実施する。
(実績)
  12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
スポーツ 志願者数 65 53 49 53 54 59 63 29
採用者数 1 1 1 5 4 5 1 該当なし
芸術 志願者数 22 20 19 19 19 21 21 12
採用者数 0 0 0 1 2 0 0 該当なし
(採用者の内訳)
平成12年度
  高等学校   (保健体育)   ラグビー1999 日本代表(男性)
平成13年度
  高等学校   (保健体育)   ホッケーシドニーオリンピック予選 日本代表(男性)
平成14年度
  高等学校   (公民)   平成12年相撲国民体育大会成年B団体優勝、個人2位(男性)
平成15年度
  中学校   (保健体育)   ハンドボール日本リーグ3位(女性)
高等学校 (公民) 自転車国民体育大会3年連続優勝(男性)
高等学校 (公民) フェンシング日本代表(男性)
高等学校 (保健体育) サッカーバルセロナオリンピック代表候補(男性)
高等学校 (保健体育) バドミントンアジア大会ベスト8(男性)
高等学校 (書道) 読売書法展特選(男性)
平成16年度
  高等学校   (保健体育)   競歩アジア大会優勝、オリンピック候補(女性)
高等学校 (保健体育) カヌー学生選手権優勝、平成14年国民体育大会少年監督として優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 平成8年水球日本代表(男性)
高等学校 (保健体育) 平成15年スピードスケート学生選手権優勝(男性)
高等学校 (美術) 彫刻:平成14年国展奨励賞、平成15年国展入選(男性)
高等学校 (書道) 読売書法展幹事(女性)
平成17年度
  中学校   (社会)   平成14年度全日本新体操選手権大会団体第4位(男性)
高等学校 (地理歴史) 平成元〜15年大学野球部監督、地域リーグ13回優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 平成7年国際なぎなた優勝、平成12年全日本なぎなた準優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 平成8年ソフトボール団体少年準優勝、平成11年インカレ準優勝(女性)
高等学校 (保健体育) 平成11年レスリングジュニアオリンピック大会優勝(男性)
平成18年度
  高等学校   (保健体育)   平成15年国体ハーフマラソン優勝(男性)

2  社会人特別選考〔中学校、高等学校〕(平成14年度試験より)

(募集人員) 中学校及び高等学校 若干名
(受験資格)
 民間企業等(教育の事業を除く)の勤務経験を5年以上有する者で、下記のいずれかの資格を有し、その勤務経験により、英語、家庭、工業、商業、水産の教科・科目に関する高度な専門的知識又は技能を有すると認められる者(ただし、中学校は英語のみの募集)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満45歳未満)で満30歳以上の者
2
資格要件: 英語(英検準1級等)、家庭(専門調理師)、工業(1級建築士、1級土木施工管理技士、測量士等)、商業(基本情報技術者、日商簿記検定1級等)、水産(3級海技士(機関))
(選考試験)
 書類審査により対象者となった者について、面接を実施する。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 7 6 9 11 6 5
採用者数 1 2 1 0 0 該当なし
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成14年度
  高等学校   (英語)   元アナウンサー、国連英検A級(女性)
平成15年度
  中学校   (英語)   元警察官、英検準1級(男性)
高等学校 (工業) 1級土木施行管理技士(男性)
平成16年度
  高等学校   (工業)   1級土木施行管理技士(男性)

【4 宮城県・仙台市】

○ 社会人選考(平成15年度試験より)


(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(年齢制限なし)
2 出願時に民間企業(私立学校教員や専門学校講師など教育の事業等に従事する者を除く)に正社員として継続して5年間以上勤務する者
(選考試験)
 第1次試験の筆記試験1(教職教養)を小論文に代えることができる。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 24 32 31 21 31
採用者数 1 1 0 2 該当なし
(採用者の内訳)
平成15年度
  高等学校   (農業)   農業土木関連企業技術職(男性)
平成16年度
  高等学校   (工業)   電気機器製造企業技術職(男性)
平成18年度
  中学校   (英語)   航空会社客室乗務員他(女性)
高等学校 (工業) 電力企業技術職(男性)

【5 秋田県】

○ 特別選考盲学校教諭(平成14年度試験より

(募集人員) 高等部(理療)若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件・教員免許資格は除く)を有する者(満50歳未満。一般選考は満40歳未満)
2 盲学校特殊教科教諭免許状(理療)を有している者
(選考試験)
 第1次試験は作文、特殊教育専門試験及び面接を実施する。
 第2次試験は面接(日常英会話面接は除く)を実施する。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 0 0 0   2 2
採用者数 0 0 0 0 該当なし
(注)平成17年度は実施せず。

【6 山形県】

○ 社会人特別選考〔中学校、高等学校〕(平成15年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(年齢制限なし)。
2 中学校の英語、高等学校の英語・電気・機械・建築・土木・看護を志願する者
3 志願する教科・科目と関連する実務経験(学校教育に直接携わる業務を除く)を5年以上継続して有する者又は有する見込みの者(平成19年3月31日現在)
(選考試験)
 第1次試験の教職教養・一般教養試験を小論文に代える。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 6 11 10 11 11
採用者数 4 4 2 4 該当なし
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成15年度
  高等学校   (工業・建築)   コンクリート製品メーカー研究開発職(男性)
高等学校 (工業・土木) コンクリート製品メーカー工事部施工担当(男性)
高等学校 (工業・土木) 建設会社現場指導業務(男性)
高等学校 (福祉) 特別養護老人ホーム介護福祉士(男性)
平成16年度
  高等学校   (工業・機械)   電気関係企業研究開発職(男性)
高等学校 (工業・機械) 電気関係企業研究開発職(男性)
中学校 (英語) 旅行会社企画・添乗担当(女性)
中学校 (英語) 英語教室講師(女性)
平成17年度
  高等学校   (工業・機械)   電気関係企業研究開発職(男性)
高等学校 (看護) 国立病院看護師(女性)
平成18年度
  高等学校   (工業・機械)   自動車修理・架装工場(自営)(男性)
高等学校 (工業・建築) 建築関係研究所研究職(男性)
高等学校 (看護) 大学附属病院看護師(女性)
高等学校 (看護) 民間病院看護師(女性)

【7 福島県】

 現職教員・教職経験者を対象とした選考 (従来より)
 〔福島県公立学校教員採用候補者選考試験実施要項1(2)受験年齢項目の2に該当する者の選考〕

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する満35歳以上50歳未満の者(一般選考は満45歳未満)。ただし、35歳以上で福島県公立小・中・養護学校、県立高等学校及び特殊教育諸学校の教諭で他校種の受験者は年齢を問わない
2 以下のいずれかに該当する者
 教諭として現職にある者
 教諭として1年以上の教職経験のある者
(選考試験)
第1次試験は、出願書類、小論文、筆記試験等、実技試験、面接による。
 筆記試験は下記のとおりとする。
1 小学校教員志願者は、学習指導案の作成
2 中学校教員志願者は、学習指導案の作成
3 高等学校教員志願者のうち国語、地理歴史、公民、数学、理科、英語、農業、工業、商業、水産及び福祉の志願者は、学習指導案の作成及び模擬授業等
4 特殊教育諸学校教員志願者は、盲・聾・養護学校についての実践的指導内容・方法について演習等
5 養護教員志願者は、与えられる課題についての論述
 実技試験は下記のとおりとする。
1 中学校教員志願者のうち、音楽、美術、保健体育、技術及び家庭の志願者は、各教科に関する実技試験
2 高等学校教員志願者のうち、保健体育、音楽、美術、家庭の志願者は、各教科に関する実技試験
3 特殊教育諸学校の中学部・高等部志願者(音楽、美術、保健体育、家庭、技術<中学部のみ>)は、中学校・高等学校教員志願者と同様の実技試験
第2次試験は一般選考と同じ。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 25 52 56 69 59 43
採用者数 0 6 2 4 1 該当なし

【8 栃木県】

1  英語の資格により一部試験を免除した選考〔中学校、高等学校〕(平成16年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 中学校又は高等学校の英語受験者
3 以下のいずれかに該当する者
 実用英語技能検定1級合格者
 TOEFL(トーフル)600点以上(コンピュータ方式では250点以上)取得者
 TOEIC(トーイック)900点以上取得者
(選考試験)
 書類選考により対象となった者には、第1次試験の学力試験のうち英語の専門科目を免除し、一般教養と面接のみを実施する。
(実績)
  16年度 17年度 18年度 19年度
中学校 志願者数 3 0 1 1
採用者数 3 0 0 該当なし
高等学校 志願者数 12 7 5 6
採用者数 5 6 4 該当なし

2  スポーツの実績により一部試験を免除した選考〔中学校、高等学校〕(平成13年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 中学校又は高等学校の保健体育受験者
3 以下のいずれかに該当する者
 スポーツの世界大会レベルの競技会に日本代表として出場した者
 全国的規模の大会において特に優秀な成績を収めた者
「世界大会レベルの競技会」: オリンピック大会、アジア大会、世界選手権大会等、競技的内容をもつ世界的レベルのスポーツ競技会
「全国的規模の大会において特に優秀な成績を収めた者」:
  文部科学省、財団法人日本体育協会またはその加盟団体の主催する全国的規模を有する大会で優勝もしくはそれに準ずる成績を収めた者。ただし、高校生以下のみを対象とした大会は除く。
(選考試験)
 書類選考により対象となった者には、第1次試験の学力試験のうち保健体育の専門科目及び実技試験を免除し、一般教養と面接のみを実施する。
(実績)
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 10 4 3 2 3 3 13
採用者数 2 0 0 0 1 0 該当なし
(採用者の内訳)
平成13年度
  高等学校   (保健体育)   第18回アムステルダムシティマラソン優勝、‘99北京国際マラソン優勝、第49回毎日国際マラソン優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 第3回アジアオセアニアカップレスリング74キログラム級優勝(男性)
平成17年度
  中学校   (保健体育)   第57回国民体育大会(夏季大会)サッカー成年男子5位
第58回国民体育大会(夏季大会)サッカー成年男子優勝(男性)

【9 群馬県】

1  英語科教員特別選考試験〔中学校、高等学校〕(平成11年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 中学校又は高等学校の英語受験者
3 以下のいずれかに該当する者
 実用英語技能検定1級合格者
 TOEFL(トーフル)600点以上(コンピュータ方式では250点以上)取得者
 TOEIC(トーイック)900点以上取得者
※ イ・ウについては、平成16年7月以降の取得者
(選考試験)
 第1次試験のうち筆記試験の「一般教養・教職に関する科目」のみの受験。
(実績)
  12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
中学校 志願者数 2 2 7 11 3 3 2 6
採用者数 2 2 6 8 1 1 0 該当なし
高等学校 志願者数 6 14 12 16 8 8 9 5
採用者数 2 5 6 6 2 2 3 該当なし

2  社会人特別選考試験(平成16年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢要件を除く)を有する昭和32年4月2日から昭和42年4月1日までに生まれた者(満40歳以上50歳未満。一般選考は満40歳未満)。ただし、特別免許状の取得要件を満たす高等学校の農業、工業及び商業志願者は、普通免許状を要しない
2 現に民間企業等に勤務する者又は公務員である者(ただし、いずれも教育に関する事業を除く)。平成19年3月末現在、継続して10年以上勤務し、出願する教科等に関する高度の専門的な知識若しくは技能又は勤務経験等を通して身に付けた優れた経営的能力を有する者
(選考試験)
 第1次試験は、筆記試験の「教科教育法に関する科目(小)」又は「教科に関する科目(中・高)」のみの受験。
(実績)
  16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 53 25 20 13
採用者数 3 1 1 該当なし
(採用者の内訳)
平成16年度
  高等学校   (農業)   薬品メーカー研究開発職、獣医師免許所有等(男性)
高等学校 (農業) 電機メーカー設計・開発職(男性)
高等学校 (商業) 電機メーカー経理担当(男性)
平成17年度
  高等学校   (生物)   通運会社税関担当(男性)
平成18年度
  高等学校   (農業)   科学飼料研究所品質管理担当(女性)

【10 埼玉県】

1  英語に係る有資格者特別選考試験〔高等学校〕(平成13年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満51歳未満)
2 高等学校の英語受験者
3 以下のいずれかに該当する者
 実用英語技能検定1級合格者
 TOEFL(トーフル)600点以上(コンピュータ方式では250点以上)取得者
 TOEIC(トーイック)895点以上取得者
※ 平成16年度以降の本特別選考志願者を除く
(選考試験)
 第1次試験を免除する。
(実績)
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
高等学校 志願者数 15 31 39 37 29 26 27
採用者数 3 14 6 3 3 5 該当なし
(注)平成16年度まではさいたま市を含む。

2  社会人特別選考試験〔高等学校〕(平成17年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
 高等学校等の看護受験者で、以下の全てに該当する者
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満51歳未満)。ただし、看護の高等学校教諭普通免許状を有しない場合には、合格内定後、特別免許状関係書類の提出を要する
2 高等学校卒業以上の学歴を有する者
3 以下のいずれかの経験を有し、その勤務経験により看護に関する専門的な知識経験又は技能を有すると認められ、社会的信望があり、かつ教員の職務を行うのに必要な熱意と識見を持っている者
 国公立及び民間病院等において、看護師(助産師、保健師を含む)として通算5年以上の勤務経歴
 国公立及び民間病院等において、看護師(助産師、保健師を含む)として通算3年以上の経験を有し、かつ看護に関する教職としての経験を通算して5年以上の勤務経歴
(選考試験)
 第1次試験を免除する。
(実績)
  17年度 18年度 19年度
志願者数 9 6 7
採用者数 3 2 該当なし
(採用者の内訳)
平成17年度
  高等学校   (看護)   県立大学教員補助業務(女性)
高等学校 (看護) 看護専門学校教諭(女性)
高等学校 (看護) 県立高校助教諭(女性)
平成18年度
  高等学校   (看護)   県立学校助教諭(女性)
高等学校 (看護) 民間医療機関看護師(女性)

3  経験者特別選考試験〔小学校、中学校、養護教諭〕(平成3年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満51歳未満)
2 以下のいずれかに該当する者
 埼玉県公立の小・中学校、盲・聾・養護学校(小学部・中学部)において、本採用教員として通算3年以上の勤務経験のある者(養護教員は、県公立高等学校経験者も含む)
 国公立学校における本採用教員として、もしくは学校教育法第2条に基づき設置される私立学校における本採用教員としての教職歴(現在在職していない場合を含む)が、平成18年3月31日現在通算3年以上の者
(選考試験)
 第1次試験を免除する。
(実績)
  12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 36 37 46 52 55 52 157 161
採用者数 5 3 4 9 9 7 47 該当なし

4  情報処理に係る有資格者特別選考試験〔高等学校〕(平成13年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満51歳未満)
2 高等学校の情報技術・商業・情報受験者
3 以下のいずれかに該当する者
 第1種情報処理技術者試験合格者
 ソフトウェア開発技術者試験合格者
※ 平成16年度以降の本特別選考志願者を除く
(選考試験)
 第1次試験を免除する。
(実績)
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
高等学校 免除者数 1 0 5 1 4 3 4
採用者数 1 0 1 0 2 1 該当なし

5  特別支援教育に関する特別選考試験(平成19年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満51歳未満)
2 盲・聾・養護学校教諭1種免許状及び小学校、中学校、または高等学校教諭1種普通免許状を所有している者、または平成19年3月31日までに取得見込みの者。
(選考試験)
 第1次試験を免除する。
(実績)
  19年度
志願者数 71
採用者数 該当なし

【11 千葉県・千葉市】

1  看護科教諭特別選考〔高等学校〕(平成17年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 看護科教諭普通免許状を有する者又は平成19年3月31日までに取得見込みの者。ただし、当該免許状を有しない場合には、第2次試験合格後、特別免許状の授与を受けることを要する
2 昭和36年4月2日以降に出生した者(満46歳未満。一般選考は満36歳未満)
3 以下のア・イともに該当する者
 平成14年4月1日以降(採用予定日前5年の期間内)に、保健師、看護師又は助産師としての実務経験又は看護師養成機関の専任教員(実習助手を含む)としての実務経験がある者
 次のa又はbのいずれかに該当する者
a  養護教諭又は教諭(校種、教科を問わない)の普通免許状を有する者、若しくは平成19年3月31日までに取得見込みの者で、かつ平成18年4月1日現在、保健師、看護師、助産師又は専任教員として3年以上の実務経験を有する者
b  養護教諭又は教諭(校種、教科を問わない)の普通免許状を有しない者で、平成18年4月1日現在、保健師、看護師、助産師又は専任教員として5年以上の実務経験を有する者
(選考試験)
 第1次試験は一般教養試験、教職教養試験及び専門教科試験を免除し、小論文を実施する。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  17年度 18年度 19年度
志願者数 16 7 5
採用者数 2 1 該当なし

2  養護教諭特別選考(平成15年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 養護教諭普通免許状を有する者又は平成19年3月31日までに取得見込みの者
2 昭和36年4月2日以降に生まれた者(満46歳未満。一般選考は満36歳未満)
3 看護師免許取得後、平成18年4月1日現在、看護師として3年以上の実務経験(正規採用に限る)を有する者
(選考試験)
 第1次試験は一般教養試験、教職教養試験及び専門教科試験を免除し、小論文を実施する。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 11 13 13 19 25
採用者数 2 4 3 2 該当なし

【12 東京都】

1  社会人特別選考〔小学校、高等学校〕(平成13年度試験より)

(募集人員) 小学校100名以内、
高等学校〔工業(建築系・電気系)、農業(園芸系・食品系)〕若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する昭和37年4月2日以降に生まれた者
(満45歳未満。一般選考は満40歳未満)
2 民間企業・官公庁等の常勤の職としての勤務経験が平成18年3月31日において通算して5年以上あるか、又は同日までに引き続き3年以上ある者
(選考試験)
 第1次試験は、教育に関する内容(1題のみ)について、1,200〜1,500字程度で論文試験を行う。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
小学校 志願者数 257 279 278 251 316 287 337
採用者数 29 30 24 47 82 65 該当なし
高等学校(工業) 志願者数 該当なし 31 25 45   12 29
採用者数 該当なし 0 3 3 1 該当なし
高等学校(商業) 志願者数   32 43  
採用者数 2 1
高等学校(農業) 志願者数   11
採用者数 該当なし
(注)高校(商業)は、平成15年度より実施。平成17年度は小学校のみ実施。高校(農業)は、平成19年度より実施。
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成14年度
  小学校   民間企業(金融機関、進学塾講師、販売・接客業、製造業等)
公務員
その他職業(福祉関係、保育士、私立学校職員、病院職員等)
平成15年度
  小学校   民間企業(金融機関、製造業、商社、旅行業、マスコミ関連等)
その他職業(福祉関係、医療関係)
高等学校   (工業) 民間企業(製造、建設関係)
(商業) 民間企業(シンクタンク、流通)
平成16年度
  小学校   民間企業(金融機関、製造業、商社、出版社等)、公務員
その他職業(福祉関係、医療関係)
高等学校   (工業) 民間企業(製造、建設関係)、公務員
(商業) 公務員
平成17年度
  小学校   民間企業、公務員、その他職業
平成18年度
  小学校   民間企業(金融、流通、販売、商社、旅行、製造、マスコミ関連等)
公務員等(自治体職員、郵政、自衛隊等)
その他職業(福祉関係、保育士、私立学校職員、NPO法人職員)
高等学校   (工業) 民間企業(製造、建設関係)

2  東京教師養成塾生を対象とした特別選考〔小学校〕(平成17年度試験より)

(募集人員) 小学校100名以内
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する昭和37年4月2日以降に生まれた者
(満45歳未満。一般選考は満40歳未満)
2 申込日現在、東京教師養成塾に在籍し、平成19年3月31日までに確実に卒塾できる見込みの者
(選考試験)
 個人面接のみ。
(実績)
  17年度 18年度 19年度
志願者数 96 89 101
採用者数 93 82 該当なし

3  現職教員等を対象とした特別選考(小学校)(平成19年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する昭和37年4月2日以降に生まれた者(満45歳未満。一般選考は満40歳未満)
2 国公立学校に在職する小学校の正規任用教員(現職)、東京都公立学校における小学校の正規任用教員経験者で「小学校」の申込者
(選考試験)
 個人面接のみ。
(実績)
  19年度
志願者数 44
採用者数 該当なし

【13 神奈川県】

1  特別選考【英語資格所有者】〔中学校、高等学校〕(平成13年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 中学校及び高等学校の英語受験者
3 以下のいずれかに該当する者
 実用英語技能検定1級合格者
 TOEFL(トーフル)550点以上(コンピュータ方式では213点以上)取得者
 TOEIC(トーイック)780点以上取得者
(選考試験)
 第1次試験の筆記試験のうち教科専門試験を免除する。
(実績)
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
中学校 免除者数 11 41 47 88 108 62 49
採用者数 5 14 22 23 39 19 該当なし
高等学校 免除者数 16 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 38 93
採用者数 2 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 12 該当なし

2  特別選考【スポーツ・芸術実績者】〔中学校、高等学校〕(平成14年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 中学校(音楽・美術・保健体育)及び高等学校(保健体育)の受験者
3 以下の当該分野において、平成13年4月1日以降、特に秀でた技能・実績を有し、その技能等が学校教育活動に活かされると神奈川県教育委員会が認める者
 音楽・美術芸術の分野において、国際的又は全国的な規模のコンクール、展覧会等で、特別優秀な実績を有する者
 スポーツの分野において、国際的又は全国的規模の競技会で特別優秀な実績を有する者
(選考試験)
 第1次試験の筆記試験(一般教養・教職専門試験及び教科専門試験)を免除する。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
スポーツ 中学校 免除者数 3 4 13 12 11 5
採用者数 2 2 5 6 2 該当なし
高等学校 免除者数   7 6
採用者数 3 該当なし
芸術 中学校 免除者数 0 0 4 2 3 4
採用者数 0 0 1 0 1 該当なし
高等学校 免除者数   0 0
採用者数 0 該当なし
(注)高等学校の保健体育受験者の免除については、平成18年度試験より。
(採用者の内訳)
平成14年度
  中学校   (保健体育)   レスリングアジアオセアニア選手権2位(男性)
中学校 (保健体育) バスケットボール全国男子学生選抜大会準優勝(男性)
平成15年度
  中学校   (保健体育)   ハンドボールインターカレッジ2位(男性)
中学校 (保健体育) 全日本大学サッカー選手権大会2位、JR東日本カップ2001 1位(男性)
平成16年度
  中学校   (音楽)   全日本合唱コンクール全国大会金賞(女性)
中学校 (保健体育) 全日本学生女子柔道大会団体1位(女性)
中学校 (保健体育) バレーボールユニバーシアード2位(女性)
中学校 (保健体育) バスケットボール日本男子学生選抜大会2位(男性)
中学校 (保健体育) 東西インカレバレーボール男子王座決定戦1位(男性)
中学校 (保健体育) ハンドボール高校全国大会優勝(男性)
平成17年度
  中学校   (保健体育)   大阪国際マラソン2位(女性)
中学校 (保健体育) バスケットボールインカレ1位(女性)
中学校 (保健体育) 陸上やり投げインカレ1位(男性)
中学校 (保健体育) サッカー全国大会1位(男性)
中学校 (保健体育) 水泳国民体育大会1位(男性)
中学校 (保健体育) 剣道国民体育大会1位(男性)
平成18年度
  中学校   (音楽)   全日本吹奏楽コンクール一般の部金賞(女性)
中学校 (保健体育) 選抜高校野球優勝(男性)
中学校 (保健体育) 全日本フットサル選手権優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 日本学生陸上競技対抗選手権大会100メートルハードル1位(男性)
高等学校 (保健体育) 柔道インターハイ団体優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 全日本フェンシング選手権大会優勝(女性)

3  特別選考【正規教員・臨時的任用職員経験者】
 (平成13年度試験より。臨時的任用職員経験者については、平成18年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 以下のいずれかに該当する者(受験する校種・職・教科の教職経験に限る)
 公立学校正規教員として平成18年3月31日現在、2年以上(休職・育児休業等の期間を除く)の勤務経験を有する者
 神奈川県内の公立学校(横浜市立、川崎市立の公立学校を除く)において、臨時的任用職員(非常勤講師を除く)の勤務経験(平成14年4月1日から平成18年3月31日までの4年間に通算2年以上)を有する者
(選考試験)
 第1次試験の筆記試験(一般教養・教職専門試験及び教科専門試験)を免除し、集団面接及び論文試験Bを実施する。
(実績)
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
小学校 免除者数 14 24 35 36 30 81 117
採用者数 11 11 13 11 9 30 該当なし
中学校 免除者数 19 30 28 30 10 90 151
採用者数 6 15 11 6 3 40 該当なし
高等学校 免除者数 8 0 3 5 14 37 87
採用者数 0 0 1 3 5 8 該当なし
盲・聾・養護学校 免除者数 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし
採用者数 該当なし 1 1 4 2 3 該当なし
養護教諭 免除者数 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 21 40
採用者数 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 7 該当なし
(注1) 盲・聾・養護学校については受験区分を設けず、小学校等の受験者より採用する。
(注2) 養護教諭の平成17年度以前の免除者数・採用者数については未集計。

4  特別選考【大学推薦】〔小学校〕(平成19年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 小学校教諭一種(専修)免許状の課程認定を受けている大学(大学院)に在学中で免許状所有者あるいは採用時に免許取得見込みの者で、当該大学等が推薦する者(各大学等につき1名)
(選考試験)
 第1次試験に代え、大学からの推薦書、成績、課題論文により第1次選考を行う。
(実績)
  19年度
志願者数 62
採用者数 該当なし

【14 新潟県】

○ スポーツ・芸術特別選考制度(平成5年度試験より)


(募集人員) 一般選考の採用見込数に含む。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 以下の条件のいずれかを満たす者
 スポーツの分野において、世界大会レベルの競技会出場経験があり、優秀な成績をおさめた者
 美術、音楽、演劇等の芸術の分野において、世界レベルのコンクール、展覧会等において優秀な成績をおさめた者
(選考試験)
 書類選考により対象となった者には、面接を実施する。なお、募集は随時行っている。
(実績)
  平成8年度 12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 1 0 0 0 0 0 0 0 0
採用者数 1 0 0 0 0 0 0 0 該当なし
(採用者の内訳)
平成8年度
  高等学校(保健体育)  バルセロナオリンピック走り高跳び7位、ユニバーシアード3位(女性)

【15 富山県】

1  社会人経験(平成19年度試験より)

(募集人員) 15名程度
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(年齢制限なし)
2 法人格を有する同一の民間企業、官公庁等において正社員又は正規職員(正規教員を含む)として、平成8年4月1日から平成18年3月31日までの間に継続して5年以上の勤務経験を有する者
(選考試験)
 第1次検査は、小論文、個人面接、集団面接を実施する。第2次検査は、専門筆答検査、教養論述
(実績)
  19年度
志願者数 105
採用者数 該当なし

2  特定資格(平成19年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(年齢制限なし)
2 以下の受験種目ごとの資格のいずれかを出願時に有する者
 全ての種目: 臨床心理士
 中高英語: 実用英語技能検定1級合格者
TOEFL(トーフル)600点以上(コンピュータ方式では250点以上)取得者
TOEIC(トーイック)860点以上取得者
※TOEFL(トーフル),TOEIC(トーイック)いずれも平成16年6月以降に受検した者に限る。
 中高看護: 看護師、助産師、保健師
 中高情報: ソフトウェア開発技術者試験合格者 他
 中高建築: 1級建築士
 特殊教育諸学校: 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
(選考試験)
 第1次検査は、小論文、個人面接、集団面接を実施する。第2次検査は、専門筆答検査、教養論述問題、適性検査、実技検査を実施する。
(実績)
  19年度
志願者数 5
採用者数 該当なし

3  国際貢献(平成19年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(年齢制限なし)
2 青年海外協力隊として、継続して2年以上の派遣実績を有する者
(選考試験)
 第1次検査は、小論文、個人面接、集団面接を実施する。第2次検査は、専門筆答検査、教養論述問題、適性検査、実技検査を実施する。
(実績)
  19年度
志願者数 10
採用者数 該当なし

【16 長野県】

1  社会人を対象とした選考〔民間企業等経験者を対象とした選考、講師等経験者を対象とした選考〕
 (平成14年度試験より。平成18年度試験より「社会人を対象とした選考」を分割)

(募集人員) 民間企業等経験者を対象とした選考: 採用予定者の1割程度
講師等経験者を対象とした選考: 採用予定者の3割から5割程度
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(年齢制限なし)
2 以下のいずれかの経験が平成19年3月31日までで3年以上ある者
 民間企業・教職以外の公務員・NPO等の経験
 学校・幼稚園で教諭・講師の経験
(選考試験)
 第1次試験は、一般教養試験・教職試験を免除し、専門教科試験、小論文及び集団面接を実施する。第2次試験は、個人面接を2回実施する。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 133 158 853 1,150 1,336 909
採用者数 8 7 103 133 148 該当なし
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成14年度
  小学校       主婦(女性)
小学校   主婦(女性)
中学校 (家庭) 公立学校非常勤講師(女性)
高等学校 (英語) 主婦・学習塾講師(女性)
高等学校 (保健体育) 国家公務員(大学事務)(女性)
高等学校 (農業) 団体職員(男性)
高等学校 (商業) 公立学校非常勤講師(女性)
高等学校 (家庭) 衣料小売店販売(女性)
平成15年度
  小学校       公立学校心の相談員(女性)
中学校 (理科) 公立学校非常勤講師(男性)
高等学校 (地歴公民) 会社員(男性)
高等学校 (保健体育) 会社員(男性)
高等学校 (保健体育) 会社員(男性)
高等学校 (英語) 公立学校常勤講師(女性)
養護教諭   公立学校講師(女性)
平成16年度
  小学校       鉄工会社経理(女性)
小学校   プログラム・設計(女性)
高等学校 (英語) 客室乗務員(男性)
  公立学校講師、学校事務職員、青年海外協力隊、塾講師等
平成17年度
  小学校       会社員(男性)、公立学校講師
中学校 (数学) 会社員(男性)
中学校 (技術) 会社員(男性)
高等学校 (数学) 国立大学講師(女性)
高等学校 (英語) 高等学校(英語)
高等学校 (英語) NPOスタッフ(女性)
養護教諭   看護師(女性)
平成18年度
  小学校       会社員(男性)
中学校 (国語) 会社員(女性)
中学校 (英語) 会社員(女性)
高等学校 (地歴) 青年海外協力隊(男性)
高等学校 (工業) 地方公務員(男性)
高等学校 (看護) 保健師(女性)

2  国際理解教育特別支援のための選考(平成19年度試験より)

(募集人員) 小中学校 約10名、高等学校 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(年齢制限なし)
2 青年海外協力隊などの国際貢献活動を2年以上経験している者及びポルトガル語、スペイン語、中国語に堪能な者
(選考試験)
 講師経験、民間企業等経験3年以上ある場合は、第1次試験の一般教養、教職試験を免除する。第2次試験は、外国語の能力をみる面接を実施する。
(実績)
  19年度
志願者数 32
採用者数 該当なし

3  軽度発達障害児童生徒特別支援のための選考(平成19年度試験より)

(募集人員) 小中学校 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(年齢制限なし)
2 LD・ADHD・高機能自閉症等軽度発達障害に関する専門の知識を有し、NPOや学校などで当該児童に関わった経験が3年以上ある者
3 所属長による推薦のある者
(選考試験)
 講師経験、民間企業等経験3年以上ある場合は、第1次試験の一般・教職教養試験を免除する。また、第2次試験における面接に、軽度発達障害に関わる知識や対応力、指導力をみる発問を行う。
(実績)
  19年度
志願者数 26
採用者数 該当なし

4  盲学校理療科を対象とした選考(平成19年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(年齢制限なし)
2 盲学校特殊教科教諭一種若しくは二種免許状(理療)を有する者又は平成19年3月31日までに取得見込みの者
(選考試験)
 専門試験、面接試験(集団)を免除する。また、第2次試験は針灸等に関する実技試験を行う。
(実績)
  19年度
志願者数 2
採用者数 該当なし

【17 岐阜県】

○ 高等学校教諭特別選考(英語)(平成11年度試験より)


(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満41歳未満)
2 高度の英語表現能力を有し、外国の社会・文化に造詣を有する者であって次のいずれかに該当する者
 外国で5年以上の居住・活動経験を有する者
 実用英語技能検定1級合格者
 TOEFL(トーフル)600点以上(コンピュータ方式では250点以上)取得者
 TOEIC(トーイック)860点以上取得者
(選考試験)
 第1次試験の筆記試験(一般教養、教職教養、教科専門)をスピーチとディスカッションによる口頭試験に代える。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 4 1 4 7 9 15 11 11
採用者数 0 0 2 2 4 4 2 該当なし

【18 愛知県】

1  講師経験者を対象とした特別選考(平成18年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満。ただし、公立学校の講師(非常勤講師を除く)、養護教諭、実習助手又は寄宿舎指導員として平成18年3月31日までに3年以上勤務した者については、年齢制限なし)
2 以下の全てに該当する者
 平成11年4月1日から平成18年3月31日までの7年間において、愛知県内の公立学校(名古屋市立学校を除く)で講師(非常勤講師を除く)又は養護教諭として3年以上の勤務実績を有する者
 平成18年4月1日以降に、愛知県内の公立学校(名古屋市立学校を除く)の職員(正規任用の教諭・養護教諭を除き、非常勤講師等を含む)として勤務し、出願時に勤務する学校において所属長の推薦が得られた者
(選考試験)
 書類選考により対象となった者は、第1次試験を免除する。
(実績)
  18年度 19年度
小学校 志願者数 219 176
採用者数 119 該当なし
中学校 志願者数 79 85
採用者数 42 該当なし
高等学校 志願者数 61 74
採用者数 21 該当なし
盲・聾・養護学校 志願者数 43 23
採用者数 28 該当なし

2  現職教諭を対象とした特別選考(平成19年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含む。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満。ただし、公立学校の講師(非常勤講師を除く)、養護教諭、実習助手又は寄宿舎指導員として平成18年3月31日までに3年以上勤務した者については、年齢制限なし)
2 平成18年4月1日現在、国公立学校の教諭又は養護教諭として3年以上の勤務実績を有する者
(選考試験)
 書類選考により対象となった者は、第1次試験を免除する。
(実績)
  19年度
小学校 志願者数 44
採用者数 該当なし
中学校 志願者数 15
採用者数 該当なし
高等学校 志願者数 36
採用者数 該当なし
盲・聾・養護学校 志願者数 4
採用者数 該当なし

3  大学から推薦を受けた者についての選考〔中学校〕(平成4年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 中学校の技術受験者で、学長又は関係学部長の推薦を受けた者
(選考試験)
 第1次試験を免除する。第2次試験は一般選考と同じ。
(実績)
  17年度 18年度 19年度
志願者数 1 2 3
採用者数 1 2 該当なし

【19 三重県】

1  スポーツ特別選考〔中学校・高等学校〕(平成16年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する昭和52年4月2日以降に生まれた者(満30歳未満。一般選考は満40歳未満)
2 中学校又は高等学校の保健体育の志願者
3 高等学校卒業以後、以下の条件のいずれかを満たす者
 オリンピック大会や世界選手権大会等、国際レベルの競技会で日本代表として試合に出場した者
 国民体育大会、全日本選手権大会等、全国レベルの大会で試合に出場し、3位以上の成績を収めた者
(選考試験)
 書類選考により対象となった者は、第1次試験の筆答試験(専門)を免除する。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 30 31 28 22
採用者数 6 6 5 該当なし
(採用者の内訳)
平成16年度
  中学校   (保健体育)   第16回全日本女子剣道優勝大会団体3位(女性)
中学校 (保健体育) 第41回全日本学生ハンドボール選手権大会優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 第14回アジア競技大会男子棒高跳銀メダル(男性)
高等学校 (保健体育) 第9回世界水泳選手権大会男子水球競技出場(男性)
高等学校 (保健体育) シドニーオリンピック新体操団体競技5位(女性)
高等学校 (保健体育) 第67回日本学生陸上競技対抗選手権大会女子4かける100mリレー1位(女性)
平成17年度
  中学校   (保健体育)   全日本学生選手権100メートル1位、200メートル1位(女性)
中学校 (保健体育) ウィリアムジョーンズカップ国際バスケットボール競技大会3位(女性)
中学校 (保健体育) 全日本大学ソフトボール選手権大会3位(女性)
中学校 (保健体育) 全日本大学女子軟式野球選手権大会優勝、最高殊勲選手(女性)
中学校 (保健体育) 全日本大学準硬式野球選手権優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 世界選手権短水路水泳競技大会出場(男性)
平成18年度
  中学校   (保健体育)   第86回日本陸上競技選手権大会4かける400メートルリレー2位(女性)
中学校 (保健体育) 第56回国民体育大会秋季大会バレーボール第3位(女性)
中学校 (保健体育) 第17回全国体育学生柔道体重別選手権大会100キログラム級第3位(男性)
高等学校 (保健体育) 第17回日本ジュニア陸上競技選手権大会砲丸投第3位(男性)
高等学校 (保健体育) 第10回アジア学生選手権テニスシングルス準優勝(男性)

2  社会人特別選考〔盲・聾・養護学校〕(平成17年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(教員資格条件を除く)を有する者(満40歳未満)
2 盲・聾・養護学校の自立活動教諭(肢体不自由教育)の志願者
3 民間企業・官公庁等(教育の事業に従事するものを除く)において、常勤の職としての勤務経験が通算して5年以上の者で、その勤務経験により出願する教科に関する専門的な知識経験又は技能を有する者
4 社会的信望があり、かつ教員の職務を行うのに必要な熱意と識見を持っている者
5 教育職員免許状を有しない者
6 理学療法士または作業療法士資格を保有している人
(選考試験)
 一般選考と同様に全ての選考試験を課す。また、第2次試験では作文も課し、第2次試験合格者のうち、特別免許状を授与するのに必要な要件を満たすか否かの審査を行う。
(実績)
  17年度 18年度 19年度
志願者数 10 4 0
採用者数 2 0 該当なし
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成17年度
  高等学校(看護) 看護師

3  講師等経験者を対象とした特別選考(平成19年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含む。
(受験資格)
  1 一般選考の申し込み資格(年齢要件を除く)を満たす者
2 次の条件を満たす者
 昭和42年4月2日以降に生まれた人
 平成13年4月1日〜平成18年3月31日までの5年間のうち、36月以上三重県教育委員会より下記のaまたはbの職種で任用されていた人
a  養護教諭受験者以外は講師(非常勤を除く)
b  養護教諭受験者は養護助教諭(非常勤を除く)
(選考試験)
 特別選考の対象となった人には、第1次選考試験の筆答試験(教養)および論述試験を免除する。他の筆答試験(専門)適性検査、集団面接は一般選考と同様に受験する。第2次選考試験の全てを受験する。
(実績)
  19年度
志願者数 387
採用者数 該当なし

【20 京都府】

○ スペシャリスト特別選考(平成19年度試験より)


(募集人員) 10名以内
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する昭和32年4月2日以降に生まれた者(満50歳未満。一般選考は満40歳未満)
2 各区分ごとに以下のすべてに該当する者
 A区分[教員免許状を有する又は取得見込みの場合に受験可]
 (小学校、中学校(数学・理科)、高等学校(数学・理科・外国語(英語)・情報・工業)
a  民間企業、大学又は研究機関等における勤務経験が通算して5年以上ある者(国・公・私立幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、盲学校、聾学校又は養護学校における勤務経験を除く。)で、その勤務経験により、志願する校種等及び教科(科目)に関する専門的な知識・経験又は技能を有し、かつ、教員の職務を行うのに必要な熱意と識見を持っている者。
b  小学校を志願する場合は、小学校の普通免許状と合わせて中学校又は高等学校の理科の普通免許状を現に有する者又は平成19年3月31日までに取得見込みの者。
 B区分[教員免許状を有していない場合に受験可]
高等学校(理科)
a  物理又は化学の分野における高度の専門的な知識・経験又は技能を有している者
b  特別免許状の授与条件を満たす者
c  A区分のaに同じ
高等学校(外国語(英語))
a  英語を母語とする者
b  日本国内において、英語教育関係の職の勤務経験が5年以上ある者
c  教員の職務を行う上で、必要とされる日本語の能力を有する者
d  特別免許状の授与条件を満たす者
高等学校(情報)
a  数学又は物理の分野における専門的な知識又は技能を有し、データベースの構築と運用ができる者
b  特別免許状の授与条件を満たす者
c  A区分のaに同じ
(選考試験)
 第1次試験は、一般教養及び専門教科を免除し、筆記試験(小論文)、面接試験(個人面接)を実施する。第2次試験は、面接試験(個人面接)、教育実践力テスト、実技試験(小学校・英語・家庭・工業)を実施する。
(実績)
  19年度
志願者数 73
採用者数 該当なし

【21 大阪府・堺市】

1  社会人経験者対象の選考(平成15年度試験より)

(募集人員) 小学校 50名以内
中学校(盲・聾・養護学校中学部及び小・中学校共通を含む) 30名以内
高等学校(盲・聾・養護学校高等部を含む) 15名以内
盲・聾・養護学校小学部(幼稚部・小学部共通を含む) 5名以内
養護教諭 5名以内 (全て、全採用予定者数の内数)
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満46歳未満)
2 法人格を有する民間企業又は官公庁等での正社員若しくは正規職員としての勤務経験が平成8年4月1日から平成18年3月31日までに通算5か年以上(休職期間等実質勤務していない期間は含まない)ある者。ただし、勤務経験には「教育、学習支援業」における勤務経験は含まない
(選考試験)
 一般選考と同じ。
(実績)
  15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
小学校 志願者数 104 92 148 117 98
採用者数 27 20 34 23 該当なし
中学校 志願者数 122 136 184 190 172
採用者数 20 13 14 18 該当なし
高等学校 志願者数 21 67 167 133 168
採用者数 1 3 6 4 該当なし
(注)小中共通は、中学校に含む。
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成18年度
  小学校   海外で、貿易会社マネージャーとして勤務経験あり
中学校 民間企業で、営業戦略の立案に従事した経験あり
高等学校 民間企業で農作物の品種育成・普及に従事した経験あり

2  現職教諭対象の選考(平成16年度試験より)

(募集人員) 小学校、中学校(盲・聾・養護学校中学部を含む)、小・中学校共通 100名以内
高等学校(盲・聾・養護学校高等部を含む) 20名以内
盲・聾・養護学校小学部(幼稚部・小学部共通を含む) 10名以内
養護教諭 5名以内
自立活動教諭 若干名
盲学校特殊教科教諭 若干名 (全て、全採用予定者数の内数)
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満46歳未満)
2 平成18年3月31日までに都道府県(大阪府を除く)又は指定都市(大阪市を除く)が実施する教員採用選考に合格し、正規任用の教諭、養護教諭又は任用の期限を附さない常勤講師(いずれも、任期付き採用や臨時的任用の場合を除く。以下「教諭等」という。)として、平成18年4月1日現在、同都道府県又は指定都市の公立学校に在職している者(休職中である場合を除く)
 志願可能な校種・教科等は、当該校種・教科等に必要な教育職員免許状(盲・聾・養護学校の教諭の普通免許状は除く)を有した上で、教諭等として平成19年3月31日現在で1年以上教育課程内の授業を担当した(時間数は問わないが、休職中の期間は除く)実績のある校種・教科等(ただし、科目は問わない)
(選考試験)
 第1次選考は面接(集団)及び小論文試験、第2次選考は面接(個人及び集団)のみ実施する。
(実績)
  16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 291 314 281 225
採用者数 67 97 73 該当なし

【22 兵庫県】

○ 特別免許状授与を前提とした社会人選考(平成19年度試験より)


(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)ただし、教員免許の保有に係る要件を除く
2 高等学校の看護受験者
3 平成19年3月31日現在、休職・育児休業の期間を除き、国公立および民間病院等において正規職員の看護師として5年以上の勤務経験を有する者(看護学校等の教官経験を含む)
4 当該教科の教員として職務を行うのに必要な高い専門的知識・技能を有する者
(選考試験)
 一般選考と同じ
(実績)
  19年度
志願者数 17
採用者数 該当なし

【23 奈良県】

○ 社会人特別選考〔高等学校〕(該当教科・科目で募集のある年度のみ実施)


(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢及び教員免許に関する条件を除く)を有する昭和32年4月2日以降に生まれた者(満50歳未満。一般選考は満40歳未満)
2 高等学校の農業、工業(電気(情報系を含む))受験者
3 相当の教諭普通免許状を所有しない場合は、以下の条件に該当することが必要。
 学士の学位を有する人又は文部科学大臣がこれと同等以上の資格を有すると認めた者
 担当する教科に関する専門的な知識・経験及び技能を有し、教員の職務を行うのに必要な熱意と識見を持っている者
(※この場合、合格後に特別免許状申請の手続きが必要)
(選考試験)
 第1次試験は、一般・教職教養試験を免除し、出願時に2,000字以内の自己推薦文を提出する。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 19年度
志願者数 11 3 2 3 5
採用者数 1 1 0 0 該当なし

【24 岡山県】

1  特別選考A【英語の資格による特別選考】〔中学校、高等学校〕(平成14年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満35歳未満)
2 中学校又は高等学校の英語受験者
3 以下のいずれかに該当する者
 実用英語技能検定1級合格者
 TOEFL(トーフル)600点以上(コンピュータ方式では250点以上)取得者(平成16年7月20日以降受験の者)
(選考試験)
 書類選考により対象となった者は、第1次試験の筆記試験(総合教養、教科専門)を免除し、集団面接に代わり特別面接(個別面接)を実施する。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
中学校 志願者数 2 0 3 5 出願なし 2
採用者数 1 0 1 2 該当なし
高等学校 志願者数 14 6 10 12 5 10
採用者数 4 2 7 2 0 該当なし

2  特別選考A【スポーツの実績による特別選考】〔中学校、高等学校〕(平成14年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満35歳未満)
2 中学校及び高等学校の保健体育受験者で、平成15年4月1日以降、国際レベルの大会(オリンピック大会、アジア大会等)に日本代表として出場した者、又は日本選手権大会あるいはこれに準ずる大会において優秀な成績を収めた者
(選考試験)
 書類選考により対象となった者は、第1次試験の筆記試験(総合教養、教科専門)を免除し、集団面接に代わり特別面接(個人面接)を実施する。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
中学校 志願者数 4 5 4 6 5 1
採用者数 3 3 2 2 0 該当なし
高等学校 志願者数 8 13 10 9 4 4
採用者数 2 3 2 1 0 該当なし
(採用者の内訳)
平成14年度
  中学校   レスリングアジア選手権大会フリースタイル85キログラム級3位(男性)
中学校 都道府県対抗全国女子柔道大会3位(女性)
中学校 全日本女子ホッケー選手権大会優勝(女性)
高等学校 全日本総合ハンドボール選手権大会3位(男性)
高等学校 全日本女子ホッケー選手権大会優勝(女性)
平成15年度
  中学校   カタールオープン卓球選手権大会ベスト8(男性)
中学校 ウィリアムジョーンズカップ国際バスケットボール大会出場(女性)
中学校 国民体育大会アーチェリー団体優勝(女性)
高等学校 アジア選手権大会スケート・ショートトラック500メートル優勝(男性)
高等学校 ウェイトリフティング全日本選手権大会94キログラム級優勝(男性)
高等学校 ヒロシマ国際ハンドボール大会出場(女性)
平成16年度
  中学校   第86回陸上日本選手権400メートルリレー3位(女性)
中学校 ハンドボールアジア女子ジュニア選手権兼2001年世界ジュニア選手権アジア大会3位(女性)
高等学校 第5回女子世界学生ハンドボール選手権大会4位(女性)
高等学校 全日本選抜レスリング選手権大会フリースタイル74キログラム級2位(男性)
平成17年度
  中学校   レスリング全日本選抜選手権グレコローマン60キログラム級2位(男性)
中学校 スケート・ショートトラック ソルトレイクシティー冬季オリンピック3,000メートルリレー4位(女性)
高等学校 レスリングアジア選手権出場(男性)

【25 山口県】

1  スポーツ・芸術特別選考〔中学校、高等学校〕(平成18年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満35歳未満)
2 以下の条件のいずれかを満たす者で、かつ教員の職務を行うのに必要な素養と熱意を有する者
 スポーツの分野において、オリンピックや世界選手権等の国際的な大会に日本代表として出場した者、又は日本選手権等の全国的な大会でトップレベルの選手が参加する競技において、団体戦、個人戦とも原則として、ベスト4以内に入賞し、一定の期間その競技力を維持し活躍が認められる者。ただし、団体戦の場合には、正選手であった者
 芸術の分野において、国際的なコンクール・展覧会等で優秀な成績を収めている者、又は全国的なコンクール・展覧会等で極めて優秀な成績を収めている者
(選考試験)
 書類選考により対象となった者には、第1次試験は面接試験のみを実施する。第2次試験は一般選考と同じ。
(実績)
  18年度 19年度
志願者数 13 17
採用者数 4 該当なし
(採用者の内訳)
平成18年度
  中学校   (保健体育)   全日本大学バレーボール準優勝(女性)
高等学校 (保健体育) アジア選手権カヌーカナディアンペア500メートル優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 全日本大学バレーボール優勝(女性)
高等学校 (保健体育) JOCジュニアオリンピックカップフェンシング大会個人エペ2位(女性)

2  社会人特別選考〔小学校、中学校、高等学校〕(平成13年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考(小・中・高)と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する昭和42年4月2日以降に生まれた者(満40歳未満。一般選考は満35歳未満)
2 現に(出願時点で)民間企業等に5年以上継続勤務する者で、その勤務経験により、出願する校種・教科(科目等)に関する高度の専門的な知識又は技能を有すると認められ、かつ教員の職務を行うのに必要な素養と熱意を有する者
(選考試験)
 第1次試験は、面接試験のみを実施する。第2次試験は一般選考と同じ。
(実績)
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
小学校 志願者数 3 4 10 3 1 4 6
採用者数 1 1 1 1 0 0 該当なし
中学校 志願者数 9 11 6 13 11 8 10
採用者数 2 0 1 0 0 0 該当なし
高等学校 志願者数 8 11 25 17 9 13 15
採用者数 0 1 1 2 1 1 該当なし
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成13年度
  小学校       食料品製造会社社員(男性)
中学校 (理科) 電子機器関連会社社員(男性)
中学校 (社会) ソフトウェア関連会社社員(男性)
平成14年度
  小学校       電気設備工事会社社員(男性)
高等学校 (工業) 機械製造会社社員(男性)
平成15年度
  小学校       社会福祉施設職員(女性)
中学校 (数学) 電信電話会社社員(男性)
高等学校 (英語) 総合商社社員(女性)
平成16年度
  小学校       建設会社社員(男性)
高等学校 (国語) 出版会社社員(男性)
高等学校 (理科) 建設コンサルタント会社社員(男性)
平成17年度
  高等学校   (商業)   施設管理会社社員(男性)
平成18年度
  高等学校   (保健体育)   日用品製造会社社員(男性)

【26 徳島県】

1  特別選考(社会人を対象とした選考。平成14年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する昭和42年4月2日以降に生まれた者(満40歳未満。一般選考は満35歳未満)
2 以下のいずれかに該当する者
ア. 民間企業等(ただし、教育に関する事業を除く)で、平成18年3月末現在、通算して5年以上勤務し、その勤務経験により、出願する教科等に関する高度の専門的な知識又は技能を有する者
イ. アに該当し、高等学校「工業」、「商業」又は「看護」の出願をする者のうち、特別免許状の取得条件を満たす者(当該教科の普通免許状の取得又は取得見込みがなくても出願できる。)
(選考試験)
 出願時に1,000字程度の自己アピール文を提出する。
 第1次審査の教養審査を免除する。第2次試験において20分程度の面接審査を別に実施する。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 8 3 1 2 9 13
採用者数 1 0 1 0 1 該当なし
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成14年度
  高等学校   (工業・電気系)   民間企業のシステムエンジニア(男性)
平成16年度
  中学校   (保健体育)   実業団のサッカーチームに所属する選手(男性)
平成18年度
  高等学校   (看護)   看護師(女性)

2  特別選考(現職教員・教職経験者を対象とした選考。平成14年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する昭和41年4月2日以降に生まれた者(満40歳未満。一般選考は満35歳未満)
2 以下のいずれかに該当する者
 現に他の都道府県に所在する国公立の小学校、中学校、高等学校、盲・聾・養護学校又は高等専門学校に在籍する教員(臨時的任用に係る者を除く)
 過去において徳島県に所在する公立の小学校、中学校、高等学校又は盲・聾・養護学校の教諭若しくは養護教諭の職にあった者
(選考試験)
 出願時に1,000字程度の自己アピール文を提出する。
 第1次試験の筆記審査(教養)を免除する。第2次試験において20分程度の面接審査を別に実施する。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 12 24 20 32 37 37
採用者数 2 5 6 3 3 該当なし
志願者数 3 1 1 1 2 2
採用者数 0 0 0 0 0 該当なし

3  スポーツ特別選考(平成19年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する昭和42年4月2日以降に生まれた者(満40歳未満。一般選考は満35歳未満)
2 スポーツの分野において、日本選手権大会又はこれに準ずる全国レベルの大会において優秀な成績を収め、小学校教諭、中学校教諭、高等学校教諭、中・高等学校教諭を志願する者
(選考試験)
 出願時に1,000字程度の自己アピール文を提出する。
 第1次審査を免除する。第2次試験において20分程度の面接審査を別に実施する。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  19年度
志願者数 36
採用者数 該当なし

【27 香川県】

1  特別選考〔中学校、高等学校、盲・聾・養護学校〕(社会人を対象とした選考。平成9年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する昭和32年4月2日以降に生まれた者(満50歳未満。一般選考は満35歳未満)。ただし、特別免許状の授与資格を有する場合に限り、当該普通免許状の取得又は取得見込みがなくとも受験できる
2 中学校、高等学校及び盲・聾・養護学校の志願者のうち、民間企業等(教育の事業を除く)において通算3年以上の勤務経験を有する者で、その勤務経験により、出願する教科・科目に関する高度の専門的な知識又は技能を有すると認められ、かつ、教員の職務を行うのに必要な熱意と識見を持っている者
(選考試験)
 第1次試験の筆記試験(総合教養)を免除する。ただし、出願教科・科目に関連した勤務経験についての内容を含む2,000字以内の自己アピールの作文を出願時に提出する。
(実績)
  12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 4 6 14 14 7 7 13 14
採用者数 0 0 1 1 0 0 2 該当なし
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成14年度
  高等学校   (福祉)   教員免許状を持たない看護師(女性)
平成15年度
  高等学校   (英語)   教員免許状を持つ専門学校事務職員(男性)
平成18年度
  高等学校   (商業)   教員免許状を持たない民間企業社員(男性)
高等学校 (看護) 教員免許状を持たない看護師(女性)

2  特別選考(現職教員・教職経験者を対象とした選考。平成9年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する昭和32年4月2日以降に生まれた者(満50歳未満。一般選考は満35歳未満)
2 以下のいずれかに該当する者
 過去において香川県又は他の都道府県・指定都市の公立学校の教諭若しくは養護教諭の職にあった者
 現に他の都道府県・指定都市の公立学校の教諭又は養護教諭の職にある者
 現に香川県立学校において10年以上実習助手(臨時又は非常勤の者を除く)の職にある者
(選考試験)
 第1次試験の筆記試験(総合教養)を免除する。
(実績)
  12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 3 2 6 4 10 13 22 16
採用者数 0 1 0 2 0 0 1 該当なし
志願者数 28 27 27 20 23 24 20 31
採用者数 3 1 3 6 4 5 2 該当なし
志願者数 2 1 3 3 0 2 2 2
採用者数 1 0 1 2 0 0 1 該当なし

【28 佐賀県】

○ スポーツ・芸術特別選考制度(平成11年度試験より)


(募集人員) 一般選考の採用見込み数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 以下のいずれかに該当する者
 スポーツの分野において、世界レベルの競技会(国内大会を除く)で優秀な成績を収めた者
 美術・音楽等の芸術の分野において、世界レベルのコンクール、展覧会等(国内コンクールを除く)で優秀な成績を収めた者
(選考試験)
 書類選考により対象となった者は、小論文、適性検査、個人面接を実施する。
(実績)
  12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 3 4 7 2 3 5 3 4
採用者数 0 2 2 0 0 0 0 該当なし
(採用者の内訳)
平成13年度
  高等学校   (保健体育)   レスリング東アジア選手権1位、ワールドカップ2位、アジア大会2位(男性)
高等学校 (保健体育) 嘉納杯国際柔道大会2位、フランス国際柔道大会優勝、マルセイユ柔道国際大会優勝(男性)
平成14年度
  高等学校   (保健体育)   新体操世界選手権大会4位、リーベン国際競技会5位、シドニーオリンピック5位(女性)
高等学校 (保健体育) 陸上アジア選手権優勝、陸上東アジア選手権3位(男性)

【29 長崎県】

○ 社会人特別採用選考(平成14年度試験より)


(募集人員) 若干名(採用予定数の1割以内)
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 民間企業等(私立学校等を除く)において、平成11年4月1日以降平成18年5月31日までに通算5年以上の経験を有する者
(選考試験)
 第1次試験の教職・一般教養試験を免除する。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 69 62 54 52 67 40
採用者数 6 10 7 4 4 該当なし
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成14年度
  小学校       旅行会社添乗員(女性)
小学校   環境製品メーカー営業職(男性)
高等学校 (世界史) 社団法人職員(女性)
高等学校 (地理) 民間の研究所員(男性)
高等学校 (商業) 洋酒メーカー社員(男性)
養護学校 (英語) 英会話教室講師(女性)
平成15年度
  小学校       民間企業社員(男性)、自動車学校社員(男性)
中学校 (社会) 保険会社社員(男性)
中学校 (理科) コンサルタント会社社員(男性)
中学校 (美術) 民間会社社員(男性)
中学校 (技術) 広告会社社員(男性)
高等学校 (機械) 民間会社社員(男性)
高等学校 (電気) 民間会社社員(男性)
養護学校小学部   司法書士事務所(女性)
養護学校 (音楽) 警察職員(女性)
平成16年度
  小学校       学習塾講師(男性)、保育士(女性)
中学校 (英語) 船舶設計業務(女性)
高等学校 (工業) 移動通信体装置共通制御部システム設計(男性)
養護学校小学部   保育士(女性)
養護学校高等部   化学工場研究開発職(男性)
養護教諭   市立病院看護師(女性)
平成17年度
  小学校       民間会社社員(男性、女性)
中学校 (英語) 民間会社社員(女性)
高等学校 (機械) 民間会社社員(男性)
平成18年度
  小学校       民間会社社員(男性)
中学校 (国語) 民間会社社員(女性)
中学校 (英語) 民間会社社員(女性)
養護学校小学部   病院医療介護士(男性)

【30 大分県】

○ 特別選考2【スポーツ特別選考】〔中学校・高等学校〕(平成15年度試験より)


(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満41歳未満)
2 中学校及び高等学校の受験者
3 スポーツの分野で、以下のいずれかに該当する者
 選手として、国際的規模の競技会に日本代表として出場した者又は日本選手権大会若しくはこれに準ずる全国的規模の大会において優秀な成績を収めた者
 上記アに該当するような選手(団体)を育成した実績のある者
(選考試験)
 第1次試験の筆記試験(専門)、第1次試験又は第2次試験の実技試験を免除する。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 33 40 41 37 41
採用者数 5 6 4 4 該当なし
(採用者の内訳)
平成15年度
  中学校   (保健体育)   国民体育大会なぎなた団体3位、種別2位(女性)
高等学校 (世界史) 世界選手権大会最終選考会フェンシングエペ2位(男性)
高等学校 (保健体育) 国民体育大会相撲総合優勝(男性)
高等学校 (公民) 世界選手権ボクシング出場(男性)
高等学校 (保健体育) 国民体育大会サッカー団体4位(男性)
平成16年度
  中学校   (保健体育)   国民体育大会サッカー団体4位(男性)
高等学校 (保健体育) 国民体育大会ウェイトリフティング3位(男性)
高等学校 (保健体育) 国民体育大会相撲総合優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 全日本学生ハンドボール選手権優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 国民体育大会新体操団体6位(女性)
高等学校 (保健体育) 国民体育大会ソフトボール団体3位(女性)
平成17年度
  高等学校   (保健体育)   全日本大学選手権ソフトボール大会優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 国民体育大会自転車競技総合1位成年監督(男性)
高等学校 (保健体育) 全国高校ラグビー準優勝指導者(男性)
高等学校 (保健体育) 全国高等学校軟式野球選手権大会ベスト4監督(男性)
平成18年度
  高等学校   (保健体育)   カヌーフラットウォーターレーシングワールドカップ決勝進出(男性)
高等学校 (保健体育) 室内選抜飛込大会優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 国民体育大会ホッケー競技団体5位(男性)
高等学校 (保健体育) 国民体育大会ウェイトリフティング競技準優勝(男性)

【31 宮崎県】

1  スポーツ・芸術の分野に係る特別選考試験(平成9年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する者(年齢制限なし。一般選考は原則満31歳未満(教科により引き上げあり))
2 スポーツ・芸術の分野において、以下の条件のいずれかを満たす特に秀でた技能・実績を有する者
 スポーツの分野において、大学等に在学中または社会人として、全国レベルの大会以上の競技会で優秀な成績を収めた者(指導者を含む)
 美術、音楽、演劇等の芸術の分野において、大学等に在学中または社会人として、世界レベルのコンクール、展覧会等において優秀な成績を収めた者(指導者を含む)
(選考試験)
 書類選考により対象となった者には、論文試験及び面接を実施する。
(実績)
  12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 7 23 29 18 23 22 28 21
採用者数 1 6 2 2 1 3 1 該当なし
(採用者の内訳)
平成12年度
  中学校   (保健体育)   フェンシング世界ジュニア選手権大会個人出場、フェンシングワールドカップ個人出場(女性)
平成13年度
  中学校   (国語)   国民体育大会秋季大会柔道競技成年女子3位(女性)
中学校 (保健体育) 剣道全日本女子学生優勝大会優勝(女性)
高等学校 (保健体育) シドニーオリンピックホッケー最終予選日本代表8位(男性)
高等学校 (保健体育) 新体操全日本社会人男子選手権大会・輪優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 新体操世界選手権大会国別対抗8位(女性)
高等学校 (保健体育) 柔道ハンガリー国際大会72キログラム級8位(女性)
平成14年度
  高等学校   (保健体育)   全日本レスリング選手権大会54キログラム級2位(男性)
高等学校 (保健体育) 日本カヌー選手権大会FK−2,500メートル2位(女性)
平成15年度
  高等学校   (農業)   全国選抜大学社会人対抗相撲九州大会個人戦4位(男性)
高等学校 (保健体育) ホッケー高円宮杯女子リーグ戦優勝、ホッケー全日本学生王座決定戦優勝(女性)
平成16年度
  高等学校   (保健体育)   柔道指導者:第47、48、49回(平成10年〜12年)全国高等学校柔道大会女子団体優勝(男性)
平成17年度
  高等学校   (地理)   全日本学生剣道選手権大会個人優勝、関東学生剣道選手権大会団体優勝(男性)
高等学校 (保健体育) 全国高校総体砲丸投げ優勝、宮崎県記録会日本記録樹立、日本学生陸上競技選手権大会2位(男性)
高等学校 (保健体育) 全日本インドアソフトテニス選手権大会準優勝、アジア競技大会団体2位(男性)
平成18年度
  中学校   (保健体育)   平成17年度日本選手権成年男子100メートル3位、平成16年度国民体育大会男子100メートル3位、平成16年度全日本実業団男子100メートル3位(男性)

2  社会人を対象とした特別選考試験〔養護学校〕(平成18年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件を除く)を有する者(年齢制限なし。一般選考は満41歳未満)
2 現に民間企業(私立学校・学習塾・予備校等を除く)・官公庁等に正規職員として継続して5年以上勤務経験を有する者で、その勤務経験により出願する教科(科目)等に関する知識や技能が優れていると認められ、教員の職務を行うのに必要な熱意と識見を持っている者
(選考試験)
 書類選考により対象となった者には、論文試験及び面接を実施する。
(実績)
  18年度 19年度
志願者数 6 1
採用者数 0 該当なし

3  「理療」免許所有者を対象とした特別選考試験(平成18年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件・教員免許資格は除く)を有する者(年齢制限なし。一般選考は41歳未満)
2 理療の免許状を有している者又は平成19年3月末日までに取得見込の者
(選考試験)
 面接のみ実施する。
(実績)
  18年度 19年度
志願者数 1 0
採用者数 1 該当なし

【32 鹿児島県】

○ 盲・聾・養護学校特別選考(平成18年度試験より)


(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満35歳未満)
2 盲・聾・養護学校教員免許状のいずれかを所有する者、又は平成19年3月31日までに取得見込みの者
(選考試験)
 一般選考と同じ。
(実績)
  18年度 19年度
志願者数 60 60
採用者数 7 該当なし

【33 さいたま市】

1  スポーツ・芸術等特別選考(平成17年度試験より。平成16年度までは埼玉県と共同実施)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満51歳未満)
2 スポーツ・芸術等の分野において、優秀な技能・実績を有する者で、特に全国レベルの大会以上での特別優秀者
(選考試験)
 書類選考により対象となった者は、第1次試験を免除する。
(実績)
  17年度 18年度 19年度
スポーツ 志願者数 2 0 1
採用者数 1 0 該当なし
芸術 志願者数 0 0 0
採用者数 0 0 該当なし
(注)1はスポーツ、2は芸術。
(採用者の内訳)
平成17年度
中学校(保健体育) 女子柔道世界学生選手権大会2位、全日本女子柔道2位(女性)

2  経験者特別選考・臨任教員勤務実績特別選考
 (平成17年度試験より。経験者特別選考は平成16年度までは埼玉県と共同実施)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満51歳未満)
2 以下のいずれかに該当する者
 埼玉県公立小・中学校及び盲・聾・養護学校(小学部・中学部)において、本採用教員としての勤務経験を有する者。ただし、養護教諭については埼玉県公立高等学校経験者も含む
 さいたま市立小・中・養護学校の臨時的任用教員として、平成16年4月1日から平成18年3月31日までの2年間において、通算12か月以上(通算340日以上)の勤務実績を有する者
(選考試験)
  書類選考により対象となった者は、以下のとおりとする。
   該当者: 第1次試験を免除する。
 該当者: 第1次試験の筆答試験に代えて論文試験を行い、運動能力検査は免除する。
(実績)
  17年度 18年度 19年度
志願者数 250 239 288
採用者数 63 84 該当なし

【34 川崎市】

1  特別選考1【正規教員経験者】・特別選考2【臨時的任用職員経験者】
 (平成13年度試験より。臨時的任用職員経験者については平成18年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件は除く)を有する者(満50歳未満。一般選考は満40歳未満)
2 以下のいずれかに該当する者
 国公立学校において正規教員として、平成18年3月31日現在、2年以上(休職・育児休業等の期間を除く)勤務した経験を有する者
 川崎市立学校で臨時的任用職員(非常勤講師を除く)として、平成18年3月31日現在、直近5年間に通算2年以上(ただし、臨時的任用職員の経験が1年以上ある場合、残りの期間に非常勤講師【週24時間以上】の経験を加算することができる。)勤務した経験を有する者
(選考試験)
  書類選考により対象となった者は、以下のとおりとする。
   該当者: 第1次試験の筆記試験及び集団面接を免除し、小論文及び個人面接を実施する。
 該当者: 第1次試験の筆記試験及び集団面接を免除し、小論文を実施する。
(実績)
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
小学校 志願者数 11 11 21 5 9 26 63
採用者数 8 5 4 0 0 12 該当なし
中学校 志願者数 15 29 30 11 15 41 74
採用者数 6 5 1 2 1 11 該当なし
高等学校 志願者数 該当なし 2 該当なし 該当なし 該当なし 2 9
採用者数 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 0 該当なし
盲・聾・養護学校 志願者数 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし
採用者数 該当なし 該当なし 2 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし
養護教諭 志願者数 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 1 7 14
採用者数 該当なし 該当なし 2 該当なし 0 2 該当なし
(注)盲・聾・養護学校教諭は小・中学校教諭に含めて募集。

2  特別選考3【教科専門試験免除者(英語)】〔中学校〕(平成14年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 以下のいずれかに該当する者
実用英語技能検定1級合格者
TOEFL(トーフル)550点以上(コンピュータ方式では213点以上)取得者
TOEIC(トーイック)780点以上取得者
(ただし、TOEFL(トーフル)、TOEIC(トーイック)については、平成16年7月以降に取得している者)
(選考試験)
 書類選考により対象となった者は、第1次試験の教科専門試験を免除する。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
中学校 志願者数 9 10 22 31 38 20
採用者数 4 1 3 12 5 該当なし

【35 横浜市】

1  特別選考1〔スポーツ・学芸・英語力等特別選考〕(平成13年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(年齢制限なし)
2 スポーツ・芸術・学芸・英語力等の分野において、国際的又は全国的規模の大会等(競技会・コンクール・展覧会・英語資格検定(実用英語技能検定、TOEFL(トーフル)、TOEIC(トーイック)等)等)で特別に優秀な実績・資格を有する者及びこれに準じる者 (なお、実績・資格については平成8年4月1日以降のものとする)
(選考試験)
 出願時に1,200字程度の論作文を提出する。
 書類選考により対象となった者は、第1次試験を免除する。
(実績)
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 256 385 363 91 350 327 328
採用者数 50 72 45 38 31 27 該当なし
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成14年度
  小学校       全国吹奏楽コンクール金賞
小学校 全国高校バスケットボール大会優勝
中学校 (保健体育) 世界学生柔道選手権優勝
中学校 (国語) 全国高校・大学手話スピーチコンテスト奨励賞
平成15年度
  小学校       全国吹奏楽コンクール金賞
中学校 (保健体育) 日本バレーボールリーグ男子優勝
中学校 (保健体育) 全日本女子学生剣道大会優勝
中学校 (保健体育) アメリカンフットボール日本選手権優勝
平成16年度
  小学校       全国吹奏楽コンクール金賞(女性)
中学校 (社会) アイスホッケー世界選手権日本代表(男性)
中学校 (保健体育) バルセロナオリンピック1,600メートルリレー代表(男性)
平成17年度
  小学校       TOEIC(トーイック)865点(女性)
中学校 (数学) チアリーディング全国優勝(女性)
中学校 (保健体育) JBL(バスケット)オールスター選手(男性)
平成18年度
  小学校       全日本学生女子柔道団体優勝(女性)
小学校 アメフト全国大学選手権優勝(男性)
中学校 (保健体育) ボブスレー日本選手権優勝(男性)
中学校 (英語) TOEIC(トーイック)925点

2  特別選考2〔教職経験者特別選考〕(平成14年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者。(年齢制限なし)
2 受験区分に該当する国公立学校における正規教員又は臨時的任用職員(非常勤講師を除く)、私立学校における正規教員としての教職歴(現在勤務していない場合も含む)が、平成8年4月1日から平成18年3月31日までの間に通算2年以上の者。ただし、中学校教員志願者に限り、高等学校における教職歴を中学校の教職歴とみなし、通算することができる
(選考試験)
 第1次試験は、指導案の作成及び論述試験を実施する。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
志願者数 411 430 414 712 685 1,097
採用者数 167 121 112 160 168 該当なし

3  特別選考3〔社会人特別選考〕(平成17年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込み数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者。(年齢制限なし)
2 法人格を有する同一の民間企業の正社員又は同一の官公庁等における正規の職としての継続勤務歴が、平成8年4月1日から平成18年3月31日までの間に5年以上(教職勤務歴を除く)の者
(選考試験)
 第1次試験は、論述試験を実施する。
(実績)
  17年度 18年度 19年度
志願者数 197 119 316
採用者数 12 25 該当なし
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
平成17年度
  小学校       百貨店企業営業販売
中学校 (数学) 海上自衛隊
中学校 (英語) 飲食企業店長・海外営業
平成18年度
  小学校       金融企業システム開発
中学校 (英語) 旅行企業ツアーコンダクター
中学校 (数学) 電気メーカーシステムエンジニア

【36 京都市】

1  国際貢献活動経験者特別選考(平成17年度試験より)

(募集人員) 10名以内
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満48歳未満(各校種により異なる))
2 独立行政法人国際協力機構法の規定に基づく青年海外協力隊としての派遣実績(廃止前の国際協力事業団法の規定に基づく派遣を含む)を有する者
(選考試験)
 第1次試験は、一般選考の一般・教職教養試験に代えて論文試験を実施する。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  17年度 18年度 19年度
小学校 志願者数 11 10 11
採用者数 2 4 該当なし
中学校 志願者数 25 23 27
採用者数 3 5 該当なし
高等学校 志願者数 7 3 10
採用者数 1 1 該当なし
養護教諭 志願者数   1
採用者数 該当なし

2  顕著な教育実践・指導実績を有する現職教員特別選考(平成19年度試験より)

(募集人員) 若干名
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格(年齢条件は除く)を有する者(満50歳未満。一般選考は満48歳未満(各校種により異なる))
2 平成18年4月1日現在、国公私立学校の正規教諭、養護教員、任用の期限を付さない常勤講師として在職する者で、専門的な能力や技能・実践力等を有し、教科指導・生徒指導・部活動指導等の分野において他の教員の模範となる教育実践を行い、優れた実績を挙げてきた者
(選考試験)
 第1次試験を免除し、第2次試験は集団面接に替えて個人面接を実施する。
(実績)
  19年度
志願者数 10
採用者数 該当なし

【37 大阪市】

○ 社会人経験者対象選考(平成15年度試験より)


(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満46歳未満)
2 平成8年4月1日から平成18年3月31日までの間に、法人格を有する民間企業又は官公庁等での正社員又は正規職員(日本標準産業分類表「大分類0教育、学習支援業」における勤務期間を除く)としての勤務経験が5年以上(休職期間等実質勤務していない期間は除く)の者
(選考試験)
 一般選考と同じ
(実績)
  15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
小学校 志願者数 18 14 27 42 29
採用者数 0 3 8 3 該当なし
中学校 志願者数 15 24 25 23 34
採用者数 1 0 0 2 該当なし
高等学校 志願者数 33 25 9 15 13
採用者数 2 0 1 3 該当なし
(採用者の内訳又は主な経歴の例)
 (回答なし)

【38 神戸市】

1  特例措置選考〔「社会人経験者」区分〕(平成19年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 高等学校(福祉・工業〔建築〕)以外のすべての校種・教科受験者
3 平成18年3月31日現在、法人格を有する同一の民間企業・官公庁等において正社員または正規職員として継続して3年以上(休職、育児休業の期間を除く)の勤務経験を有する者
(選考試験)
 第1次選考は、教職・一般教養に代えて、小論文を実施する。それ以外は一般選考と同じ。
(実績)
  19年度
志願者数 175
採用者数 該当なし

2  特例措置選考〔「現職教員」区分、「臨時的任用教員」区分〕(平成19年度試験より)

(募集人員) 一般選考の採用見込数に含める。
(受験資格)
  1 一般選考と同じ受験資格を有する者(満40歳未満)
2 高等学校(福祉・工業〔建築〕)以外のすべての校種・教科受験者
3 以下のいずれかに該当する者
 国立大学法人附属学校園および公立学校園の現職の教諭または養護教諭(任用の期限を付さない常勤講師を含む)で、平成19年3月31日現在、4年以上(休職、育児休業の期間を除く)の勤務経験を有する者
 神戸市立学校園において、臨時的任用教員または養護担当教員として、平成15年4月1日から平成18年3月31日までの3年間に、常勤または非常勤の講師として通算2年以上の勤務経験を有する者
(選考試験)
   該当者: 第1次選考は、教職・一般教養、専門教科に代えて、小論文を実施する。それ以外は一般選考と同じ。
 該当者: 第1次選考は、一般教養のみ実施する。ただし、第2次選考の個人面接において、模擬授業を実施する。(「臨時的任用教員」区分を受験する場合は、第2次選考通知時に指導案の作成を課す。)
(実績)
  19年度
志願者数 55
採用者数 該当なし
志願者数 298
採用者数 該当なし

前のページへ 次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ