ここからサイトの主なメニューです

2 選考尺度の多元化

○ ボランティア活動、教育実習等様々な社会体験の評価

 
 豊かな経験や、教員としての意欲、使命感を評価するため、多くの県市においてクラブ活動・ボランティア活動の経験や教育実習の成績等を把握したり、面接において聴取したりしている。

1. ボランティア活動又はクラブ活動の実績について、志願書等に記載させている、あるいは面接で聴取している県市
下線は19年度採用選考試験において新規に導入又は昨年度から変更のあった県市
57県市
前年度58県市
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、
札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、川崎市、横浜市、静岡市、名古屋市、京都市、下線ここから堺市下線ここまで、神戸市、広島市、北九州市、福岡市

2. 教育実習の様子を面接で聴取している県市
18県市
前年度19県市
北海道、岩手県、下線ここから秋田県下線ここまで、千葉県、富山県、石川県、下線ここから福井県下線ここまで下線ここから山梨県下線ここまで、滋賀県、京都府、岡山県、香川県、福岡県、大分県、
札幌市、下線ここからさいたま市下線ここまで、千葉市、川崎市

3. 得意分野・重点履修分野について、志願書等に記載させている、あるいは面接で聴取している県市
43県市
前年度46県市
北海道、岩手県、秋田県、下線ここから山形県下線ここまで、福島県、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、岐阜県、静岡県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、鳥取県、岡山県、広島県、下線ここから徳島県下線ここまで、香川県、愛媛県、福岡県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、
札幌市、さいたま市、千葉市、川崎市、名古屋市、京都市、下線ここから堺市下線ここまで、広島市、北九州市、福岡市

4. 人物証明書や推薦状等を提出させている県市(社会人等一部の受験者のみとしている場合も含む。)
13県市
前年度10県市
福島県、埼玉県、東京都、新潟県、下線ここから長野県下線ここまで、愛知県、下線ここから三重県下線ここまで下線ここから奈良県下線ここまで下線ここから徳島県下線ここまで、香川県、熊本県、
さいたま市、福岡市

前のページへ 次のページへ


ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ