ここからサイトの主なメニューです

教員採用等の改善に係る取組事例

平成19年3月
文部科学省 初等中等教育局
教職員課


目次

はじめに

1   選考方法の多様化
 
面接試験
模擬授業及び場面指導等の導入
実技試験の充実

2   選考尺度の多元化
 
ボランティア活動、教育実習等様々な社会体験の評価
特定の資格や経歴等を持つことによる試験免除等

3   受験年齢制限の緩和等
 
受験年齢制限の緩和
教員免許状を有しない者の資格要件の特例

4   特別選考の実施
 
特別選考

5   身体に障害のある者への配慮
 
障害のある者を対象とした選考
教員採用選考試験時の配慮の周知方法
教員採用選考試験時の配慮の具体例
身体に障害のある教員への人事上の配慮について

6   その他の改善
 
採用選考の内容・基準の公表
採用スケジュールの早期化
学校種別ごとの採用区分の弾力化

参考
 
平成19年度公立学校教員採用選考試験実施方法等について(概要)
教員採用等の改善について(通知)
平成11年12月10日教育職員養成審議会第3次答申(抄)
平成14年2月21日中央教育審議会答申
「今後の教員免許制度の在り方について」(抄)
平成18年7月11日中央教育審議会答申
「今後の教員養成・免許制度の在り方について」(抄)

 

 



 目次のタイトルは、平成8年4月5日に教員採用等に関する調査研究協力者会議から報告された「教員採用等の改善について(審議のまとめ)」、及び平成11年12月10日教育職員養成審議会から答申された「養成と採用・研修との連携の円滑化について」(第3次答申)にある採用の改善に関する項目を踏まえて構成したものである。

(初等中等教育局教職員課)


 

お問合せ先

総合教育政策局教育人材政策課

(総合教育政策局教育人材政策課)

-- 登録:平成21年以前 --