ここからサイトの主なメニューです

平成27年度緊急スクールカウンセラー等派遣事業委託公募要領

平成27年1月15日
初等中等教育局児童生徒課

1 事業名                                                 

緊急スクールカウンセラー等派遣事業
(1)スクールカウンセラー・スクールカウンセラーに準ずる者派遣事業

2 事業の趣旨

本事業は、平成23年3月に発生した東日本大震災により災害救助法が適用された地域等において、被災した幼児児童生徒等の心のケア、教職員・保護者等への助言・援助等様々な課題に対応するため、スクールカウンセラー・スクールカウンセラーに準ずる者を教育委員会や幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校等(以下、「幼小中高等学校等」という。)へ派遣するとともに、被災した幼児児童生徒・保護者等がより気軽に相談できるよう電話相談を実施し、もって被災した幼児児童生徒等が安心して学校生活を送ることができるよう教育相談体制を整備するものである。
なお、平成27年度予算成立後に直ちに事業を開始していただけるよう、本予算成立前に始める公募であることから、国会における本予算成立までの間、当該事業の実施の可否や事業内容、事業開始時期等に変更が生じる可能性があること、並びに本事業は本予算成立後でなければ開始することができないことに御留意いただきたい。

3 事業の内容

下記の項目の中から希望するものを選択し実施するものとする。(複数選択も可)
1)スクールカウンセラーを教育委員会又は幼小中高等学校等へ派遣する事業
2)スクールカウンセラーに準ずる者を教育委員会又は幼小中高等学校  等へ派遣する事業
3)適切な指導・助言ができるスーパーバイザーを配置し、スクールカウンセラー・スクールカウンセラーに準ずる者の専門性を向上させる事業
(スクールカウンセラー・スクールカウンセラーに準ずる者の専門性の向上や教職員・保護者等の心のケアに関する理解を図るための研修会、事業を効果的かつ円滑に実施するための情報交換や関係機関との連絡調整等を行う連絡協議会等の開催を含む。)
4)被災した幼児児童生徒・教職員等の心のケアに資するためのソーシャルワークや学習支援、学校運営の補助等の支援活動事業
5)電話相談事業
被災した幼児児童生徒・保護者等がより気軽に相談できるよう電話相談員を配置するなど、電話相談体制を整備する事業

※なお、スクールカウンセラー・スクールカウンセラーに準ずる者及び電話相談員を派遣する側の自治体が申請を行う場合は、事前に当該スクールカウンセラー・スクールカウンセラーに準ずる者及び電話相談員の派遣を受け入れる教育委員会または幼小中高等学校等の同意を得ること。

4 公募対象

当該事業を実施することが可能な自治体及び平成23年3月に発生した東日本大震災により災害救助法が適用された地域に所在する国立大学法人(附属学校に係る当該事業を行う場合に限る。)とする。

5 事業実施計画書の提出方法等

(1)提出様式

1)必須:様式1「事業実施申請書」及び様式2-1「事業実施計画書」
2)再委託をする必要がある場合:様式3「再委託について」
様式3「(4)再委託金額」については、様式3-別紙を添付すること。
3)※の場合:様式2-2「同意書」が必要。
4)委託要綱の2.(1)3)4)の事業を行う場合:「別紙計画様式」が必要。
正確を期すため、パソコン、ワードプロセッサー等の判読しやすいもので作成すること。

(2)提出部数

正本を1部提出すること。

(3)提出方法

書類の提出は、以下の1)及び2)両方の方法を必須とする。なお、2)は直接持参してもかまわない。ファクシミリによる提出は不可とする。
1)電子メール
・様式をWord、一太郎又はPDFファイルにてメールにファイルを添付の上、送信すること。
・メールの件名は「【機関名】緊急SC(スクカン)計画書」とすること。
・ファイルを含めメールの容量が5MBを超える場合は、メールを分割し、件名に通し番号を付して送信すること。
・メール送信上の事故(未達等)について、当方は一切の責任を負わない。
2)郵送等(郵便、宅配便等)
・簡易書留、宅急便等、送達記録の残る方法で送付すること。
・郵送中の事故については、当方は一切の責任を負わない。

(4)提出先など

(岩手県所在の申請者について)

〒020-0021
盛岡市中央通1-7-25 朝日生命盛岡中央通ビル6階
岩手復興局 越、青木
TEL:019-654-6609
Mail:masaki.koshi@cas.go.jpemi.aoki@cas.go.jp

(宮城県所在の申請者について)

〒980-0811
仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービル13F
宮城復興局 千田、近内
TEL:022-266-2250
Mail:haruka.chida@cas.go.jpmasaaki.konnai@cas.go.jp

(福島県所在の申請者について) 

〒960-8031
福島市栄町11-25 AXCビル7F
福島復興局 坂本
TEL:024-522-8513
Mail:kikaku.fukushima@cas.go.jp

(上記以外の都道府県所在の申請者について)

〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル1F
復興庁(予算会計担当) 梶原、滝沢
 TEL: 03-5545-7370
 Mail: osamu.kajiwara@cas.go.jpshohei.takizawa@cas.go.jp     

(5)提出期限

平成27年2月12日(木曜日)17時00分(期限厳守)
・電子メールは当日17時00分までの送信記録があるもの
・郵送等の場合、当日17時00分必着

(6)重複申請について

当該事業における申請と同一の事業を、国が行う他の事業において申請し、採択等された場合、当該事業について、審査対象から除外、採択の決定の取消し等を行う。

(7)その他

事業実施計画書等の作成費用については、選定結果にかかわらず企画提案者の負担とする。また、提出された事業実施計画書等については、返却しない。

6 選定方法等

(1)選定方法

別添の審査基準をもとに書類選考を実施。なお、今後の新規の応募については、事業主体ごとに予算の範囲内で個別に審査するものとする。

(2)選定結果の通知

選定終了後、30日以内に全ての提案者に選定結果を通知する。

7 スケジュール(予定)

公募締切:平成27年2月12日(木曜日)17時00分
選定:平成27年2月中旬
結果通知:平成27年2月下旬
契約締結:平成27年度予算が成立した場合に、成立日以降の平成27年度日付で順次締結
契約期間:契約締結日から平成28年3月末日まで

※ 契約書締結後でなければ事業に着手できないので、事業実施計画書の作成に当たっては、事業開始日に柔軟性をもたせた上で作成する必要があることに十分留意すること。なお、再委託先がある場合には、この旨を再委託先にも十分周知すること。

8 契約締結

選定の結果、契約予定者と提出書類を基に契約条件を調整するものとする。なお、契約金額については、事業実施計画書の内容を勘案して決定するものとするので、企画提案者の提示する金額とは必ずしも一致するものではない。また、契約条件等が合致しない場合には、契約締結を行わない場合がある。

※ 国の契約は、契約書を締結(契約書に契約の当事者双方が押印)したときに確定することとなるため、契約予定者として選定されたとしても契約書締結後でなければ事業に着手できないことに十分留意すること。なお、再委託先がある場合は、この旨を再委託先にも十分周知すること。

9 その他

その他、事業に係る事項については、委託要綱等によるものとする。
また、事業実施に当たっては、契約書を遵守すること。

【本件担当、連絡先】

住所:〒100-8959東京都千代田区霞ヶ関3-2-2
担当:文部科学省初等中等教育局児童生徒課生徒指導室生徒指導第二係(八木下、齊藤、増渕)
電話:03-5253-4111(代)(内線3289)
FAX:03-6734-3735
E-mail:s-sidou2@mext.go.jp

お問合せ先

初等中等教育局児童生徒課

-- 登録:平成27年01月 --