ここからサイトの主なメニューです

教員免許更新制

教員免許更新制における更新講習修了確認等の申請期限の到来等について

事務連絡
平成24年10月29日



各都道府県教育委員会
各指定都市教育委員会  御中
各都道府県知事部局(私学担当)

文部科学省初等中等教育局教職員課
 

 

教員免許更新制における更新講習修了確認等の申請期限の到来等について


 文部科学省では従前より、各都道府県教育委員会等を通じ、修了確認期限を迎える現職教員(非常勤講師等を含む)に対して、修了確認期限の2ヶ月前までに、免許状更新講習を受講・修了し、自ら、免許管理者に対して修了確認の申請を行うか、更新講習修了確認期限の延期申請もしくは受講免除の認定申請のいずれかの手続を行っていただくよう、各種通知や会議等により周知を図ってきたところです。
 また、本年8月9日付で、免許状更新講習開設者に対し事務連絡を発出して、免許状更新講習開設者が、免許状更新講習の課程の修了又は免許状更新講習の課程の一部の履修に関する証明書(免許状更新講習修了(履修)証明書)を発行する際、別途、当該証明書を各教員等が免許管理者に提出し、確認を受ける必要がある旨、周知していただくよう協力要請を行っています。

 本年度は、平成25年3月末日に修了確認期限を迎える者(第3グループ)が、修了確認の申請期限(平成25年1月31日)を迎えます。ついては、今後も教員免許更新制が円滑に実施されるよう、当制度の趣旨や手続の流れに関する周知を一層徹底するとともに、各都道府県教育委員会は、免許管理者及び授与権者として事務処理上遺漏のないようお取り計らいください。
 また、各都道府県教育委員会におかれては域内の市町村教育委員会及び所管の学校その他の教育機関に対し、各都道府県知事におかれては幼稚園を含む所轄の学校及び学校法人等に対し、国立大学長におかれてはその管下の学校に対し、それぞれ適切な周知等を行っていただくようご配慮願います。

 なお、教員免許更新制の円滑な実施のためには、以下の取り組みや工夫が行われているところです。これらを参考の上、皆様におかれましては特段のご配慮をお願いいたします。

【主な取り組み・工夫例】
・ 免許管理者において、任命権者や私立学校及び幼稚園所管課等と緊密に連携の上、当該年度に修了確認を受ける必要がある現職教員のリストと修了確認が終了した現職教員のリストを突合し、受講していない者や申請を行っていない者がいないか確認する。

・ 免許状更新講習を受講していない者または修了確認等申請が行われていない教員等に対し、個別に受講状況の聴取等を行う。

・ 別添参考資料や文部科学省ホームページ、各都道府県教育委員会が独自に作成したリーフレットや手続に必要な証明書の様式等を掲載した通知等を各教員へ直接配布する、または校長等の管理職や教員等が参加する研修会等で説明・配布する。

・ 毎年各々の地域における受講状況を把握し、適切な規模の講習が開設されるよう、地元の大学等と調整を図ったり、教育委員会と地域の大学関係者が集まる会議を定期的に実施し、情報共有を図る。

・ 各学校(園)の校長(園長)が、各学校(園)に所属する教員の免許状に関する台帳等を管理し、修了確認期限や免許状更新講習の受講状況、手続の進捗状況を把握する。

参考

お問合せ先

文部科学省初等中等教育局教職員課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(文部科学省初等中等教育局教職員課)

-- 登録:平成24年10月 --